さあ、「公開」をクリックして、これからビールでも飲むかな、ホイ!


 

朝、無事に母をショートに連れて行った

多分、お気に入りだと思われる爺さんもいて、

早速、話をしていたので

安心して、自宅に戻れた

 

夕方からいつも行く温泉に行ったが

駐車場が一杯だ

 

出たり入ったりしてるから

すぐに駐車出来たが、

 

そういえば、夏休みで

今は平日でも混んでるぞー

と、この温泉でよく会う知り合いが言ってたな

 

その人はだから

今は観光客の来ない

別のところに行ってるらしいが、、、

 

大浴場で、

ジェットバスで、

ほんわか・・・してると

 

その知り合いが来た

なんだ来てるじゃねえか?

やっぱ混んでるな~

 

その御仁は

頭が良い事で有名で

勿論、本人は何も言わないが

人から訊いた話では

高校のときには

先生よりわかっていたので

先生の代わりで授業をした

という

武勇伝の持ち主だ

 

天才と呼ばれていたと、、

 

まあ、俺とは

頭が違う

 

行ってる温泉施設の数なら

負けねえだろうと、

 

混んでる露天風呂で

あそこは~~

あっちは~~

足伸ばして、、昼神温泉は~~

峰隆太の故郷の・・は~~

日航事故の御巣鷹山の方の~~

あっち、こっち~~~

 

62歳と70歳が、

ムキになって、

温泉武勇伝を、、闘わせたが

 

勝てなかった

 

負けてはいないが

 

だが、

闘いはそれでは終わらず

 

露天風呂の庭に咲いている

花の名前から始まり

(二人ともわからなかったが、)

 

母宅のサルスベリ・・

また、やはり母宅に咲いている

オレンジ色の花は、何という花か?

 

 

花の特徴は二人とも

認識できた

が、

名前が出て来ない

 

露天風呂で、、

満員の露天風呂の隅で、

闘うのだが、、

出て来ない

 

向こうは天才だったとはいえ

70のジジイだ

俺は?

62のジイ

齢的には勝ってるが

持ってる頭が違う

 

・・・

だがね、

勝ったよ

 

テクニックで、勝った

 

天才がリードしてたが

途中まで思い出して

天才は言った

「お~~

たしか、なんとか、、

ここまで出て来てる・・

ほれ、あいぜんかつらじゃねええ~」

 

ピッカ~~ン!

 

「ノウゼンカズラ・・だわ」

 

「お~そうだ!」

 

・・天才も、齢をとる

 

だが、まさか?

俺にヒントをくれた?

わざと?

 

まあ、その可能性もあるわな

ムキになってる

俺があまりに哀れで・・・

 

 

母のことをしなくていいと、

こんなくだらねえことも

ちょっと、ムキになれる

 

さみしいもんだ

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です