仏になったのか・・


 

 

 

 

四十九日の法要が終わった

 

浄土宗の住職によれば、、

蓮の葉っぱに乗って、

浄土に行ったのだと、ね

 

墓参りのあと、、

ごく近しい親族で食事をした

 

お昼の酒は旨い

皆で・・・と言っても

6人だが、

昔話に花を咲かせて、

1時間半・・・

 

さて、と思って

誰ともなく、上座のしつらえに気付いた

 

写真台と食前酒・・・

 

遺影を置いて、

故人を思い出しながら

の時間だったんだな

 

皆、そんなこと

忘れてたわ、、はは

 

そんなもんだわな、、

 

おふくろ、悪い、ごめん

俺も、わすれてたわ

 

朝、晩、出掛ける時、帰った時、

声を掛ける

 

最後に封印してる、、

俺にしかわからねえ、、出来事

「ごめんな」

 

俺がこの写真の前に

立てなくなるまで

毎回、

最後の言葉は

「ごめんな」

 

だけど、

たしかに、一番重かったものが

半分だけ、降ろせたような気がするな

 

ただ、半分だけは

「ごめんな」で、一生のこる

 

思い出さないようにしている

出来事、、

これが、「心の傷」ってやつなんだな

 

おふくろは

一生もののお土産をおいていってくれました

 

でも、「心の傷」のおかげで

 

ずっと、一緒にいられるわ

 

施設に入れていたときの

心の重さ・・・を思えば

 

やっと、帰って来てくれた

おふくろ

 

他のみんなは、きっと忘れるけど

俺はずっと、一緒だからな

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です