雨が小粒の真珠なら、拾いまくるぜ!

 

 

 

はな、、

持ってこないでください

 

と、帰り際に

言われた、、

 

理由は、いろいろ言っていたが・・・

実際は、、ちがうところのようで、

 

伸びきった

俺のテンションは、

伸びたまま・・

 

母はやっかいな利用者、、

 

妻なんかは

最近、それを堂々と言うね

 

悪意を持ってるわけではないが、

俺の弱った隙をついて

 

今まで口にはしなかったことも

少しずつ言ってくる

 

 

花が好きで持っていくのはいいが、、

 

水を替えたり、、

率先してやるらしい

 

母の口から訊いて

何かね、嫌な雰囲気を感じていた

 

「持っていったら、職員さんに渡して、

、、あとは任せろよ?

自分が持ってきた花だから、、と

口を出すと、嫌われるからな・・」

 

「あたりまえじゃん、、

そんな口を出すとかしないよ、、」

・・・

 

そのときはそう言うだけなのが、、

分かる

 

それで、ショートから戻ると

自分が水をやることなど、、

花にかかわる行動の

話を訊いていると、

、、、

 

やりずれえ利用者だな、、

俺が感じるくらいだから、

現場の職員さんは、

さらに、だろう

 

こういうことになることは

ある程度、母の言動から

母の言動が事実なら

想像が出来たので

心配していた

 

俺は予知能力があるかもしれない

しかも悪いほうにだけは

予知能力が有効らしい

 

これを何かに生かすことを

考えよう

 

前向きに考えよう

 

向き不向きより前向き

 

それにしても、

そんなに悪い人間じゃなかったと

思うんだが、、おふくろ

 

何か、ズレてるか

 

気遣いとか

場の空気とか、

わかんなくなったんだな、

もう、歳と認知症だからな

 

明日、帰ってくる母に

なんと言えばいいか、、

 

花を持っていくことが、

生きがい(は、オーバーだが)のようで

母宅に居る間は、

花はどうする、

持っていく花はどうする

それくらいしか、

考えることがないようだし、、

 

行ってもらわないと

困るし

 

来週、行くまでのことが

頭が痛い

 

来週の入所日、どうなってるか

 

予知でもするかね?

(悪いほうの・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

介護三人老人が外飲みしてもつまらなかった

 

 

 

これは認知症の症状で

当たり前の事なんだろうが、

 

同じことを何度も言う

 

母は朝起きると、

「今日はどうするだえ~?

・・私は、、」

と、必ず言う

 

俺が答えて、

10分もすると

 

また同じことを訊く

病気としては当たり前だし

理解もしていて

 

その上でも

頭にくるんだな

 

機嫌が悪いときなど

同じことを2度言われただけで

母に怒ったり

嫌味を言ったりしてしまう

 

そんなことを

もう何年も続けたんだろうと、、

進歩のない自分を反省して

 

最近は、紙に大きく

「明日は日曜日」

「今日は日曜日」

「俺は仕事で出かけているが夕方には帰る、、

などと書き

母の座る前に置いておく

 

最近、力が入らない

気が入らない

手を抜くことが多くなって

薬なんか、忘れていることが多く

便秘薬など2日連続で飲ますの忘れた

 

3日間くらい出てないようだったが、

本人が元気ならいいわ

 

でも、そう思っていた昨日の朝方

普通に出ていた

どうして分かったか?

 

そのとき俺は寝ていたが

 

母はオシッコのときは

トイレの中のロータンクの水で

手を洗うだけで、、、

めでたくが出たときは

 

洗面所の手洗いで

温水で手を洗う

 

「おしりセレブ」も使うようだ

認知症だが

珍しく、それは俺が買ってきたときの

説明を覚えていて

使ってるようだ

 

それでも昨日の朝も

寝不足で、やっとの思いで起きた

 

なんとか、ショートに送ったが、、

 

ホッとして、施設の玄関まできたとき

 

職員さんが追いかけてきて

「ちょっとお願いがあるんですけど、、、」

 

それから

また、俺のテンション

低いところから

 

低いところへ

 

どんどん移動した

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

母が寝る前に「早く寝なよう、、もう若くねえだで、、」と俺に言った。

 

 

迎えに行くと、

帰れる事をとても喜んで

職員さんにも

「家に帰るのが、

嬉しいんだよね~

よかったね、息子さんが

迎えに来て~」

 

・・・

息子さん、、は

63歳になろうとしている

 

何か、気恥ずかしさを感じて

 

出来れば施設に

送迎をお願いしたいのだが、、

 

母が俺がフロアまで送って

フロアまで迎えに来るのがいい

と、

どこまで分かってるのか、

わからないが、、、

 

母がそう言うから

仕方ない

 

俺だって、何か気恥ずかしくて

嫌だが

 

帰りの車の中で

「ご苦労様、

泊まりに行ってるおかげで、

俺も仕事も出来て、家で泊まれるし

とても助かったわ~」

と、

俺が言うと

 

とても満足そうに

 

「そういうことなら良かった

私もいくらでも泊まりにいくでね~」

 

そして、

 

「ところで、

お母さんは家に居る~~??」

 

(゜o゜)

 

お、お母さんとは?

・・・

 

「あのね、

おふくろのお母さん??」

 

「おう、、そうだよ」

 

「お母さんがな、、

<おい〇〇〇、

気を付けて帰ってこいよ、、

家で待ってるでな、、>

って言ってただよ、

家で待ってるかなあ、、」

・・・

 

でも俺は

今回は決心していて

 

否定するな

笑顔でいろ

優しくしてやれ

失敗を責めるな

早く寝る

 

これを実行することに決めている

 

だから、

「お、お母さんってさ、

ばあちゃんのことだよな、、

おふくろが今、88歳だよな、、、

俺が62歳だぞ?

確か、45年前に、だよ?

確か・・・」

・・・

・・・

「死んだかえ??」

・・・

 

「はっはっはっはっはあ~~

やだよ~~、、夢かあ・・」

 

帰って来て

ブドウを美味しそうに

食べて、、

団子とまんじゅう食べたら

 

もう、居眠りで

 

トイレに行って、

パット、紙パンツ、少々汚れてたので

穿き替えさせ

 

寒いので湯たんぽ入れてやって

 

ショートの気疲れから

イビキをかいて熟睡中

 

長い夜が来た

 

 

早く寝る

 

があるので、

 

俺も、もう寝る

午後8時10分

 

やっぱ、もう少し

起きているわ

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

それじゃあ、ひとつ俺が立候補するか??

 

 

 

思いっきり冷えた朝

相変わらず

起き上がりに

腰が痛くて

トイレまでが辛いが

 

起きて1時間もすると

あまり感じなくなってくる

 

夕方、母を迎えに行くが

今週も、帰宅願望の電話は無く

 

しっかり務めてくれた

 

中では何があったのか

わからないが

 

帰った後、

夜、寝るまでに

ず~と、妄想も含めて

喋りまくるだろう

 

これから朝のうちに

母宅に行って、

掃除機をかけ、、

 

買い物をして、

冷蔵庫に入れる

という・・・

10か月程続いた、

ショートのお迎えの日の儀式

 

花は我慢してもらって

 

明日の午前中に

外出を兼ね、買いに行く

連れてくと喜ぶし

 

・・・

心は重い

 

やっと、睡眠負債が少し解消されたが、

試行錯誤で

なんとか、1分でも

余分に眠れるように

しなきゃね

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

実感、、老人の数は物凄い事になっているんだなあ

 

 

腰が痛くて、

ベッドからトイレに着くまで

腰が伸び切らない

 

朝が特にダメで

腰を曲げて歩いている自分が

もう、お爺さんの姿だと気付いた

 

徐々に

あちらの世界が近づいているんだな

と、思った

 

昨日は休日で

お昼前から妻と温泉に行った

 

温泉で

腰を伸ばさなければ・・

 

車で1時間半かけて、

初めていく大きな温泉施設だったが

 

駐車場は一杯

・・・まるで日曜日の感じ

 

中に入ると

休憩室など、人で一杯だ

 

平日だよな?

 

風呂に行くと、

人はまばらなのだが、、、

 

ひと入りして、

上がって、妻が・・・

 

「具合が悪くなる、、」

 

訊けば

周りは老人ばかりで、

エネルギーを抜かれたんだそうだ

 

そうか、老人には

エネルギーを抜かれるのか?

 

まあ、妻の相変わらずの

ジョークなのだが、、

 

休憩室で一服していると、

確かに、満席の人を見ていると

 

90%以上が70歳以上だろう

 

よく見ると

本当にすごい、

壮観な眺めだ

 

それに、皆、よくしゃべる

 

よくこれだけ老人がいたものだ

いや、こんなもんじゃないだろう

 

少し集まっただけで、これだけ

いるんだから、

 

で、元気なご老人たちだから

ここに来ているが、、

 

もう少し年上(笑)の

母たちの年代も

大勢、自宅や施設で介護を受けて・・

 

平日の温泉施設

60代はまだ、小僧っ子だな

 

そこの食事処で

一杯やりながら、

昼食を摂ったが、、

 

妻は、周りを見ながら

目についた、ご老人の事を

イロイロ想像して、

 

アレは嫁とどうだ・・とか

長男と上手くいかなくて

次男の家で・・・

あの爺さんは、

婆さん同志が話ばかりしてるので

ふて腐れて、横むいて座ってる

とか、、

勝手な想像しながら

食ってるわ

 

それにしても、

その想像力は大したものだ

 

 

母がショートに行ってる間の

1日を休みにしてるが、、

もうすぐ、お迎えの日だから

少し、気が重い

 

でも、同時に

早く迎えに行ってやりたい

という気持ちもある

 

何だかんだと言っても

息子の家庭のために

頑張って泊っている

と、思って行ってるんだから

 

温泉で

しっかり充電して、、、

 

のハズだったが

 

妻の言う通り

 

抜かれたような気もする

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

さて、ささやかに飲むぞ

 

 

また、ミスってしまった

 

母をショートに送って

物凄く、ホッとして

 

天に昇るほど、、、

ではないにしても

母には悪いが

解放感がね、、凄いんだな

 

だから、後は

たまに、ショートからの

電話があるか、ないか

 

横目で気にしながら

過ごすのだがね

 

3時間ほどして、

携帯をみると・・・

 

着信履歴があった

 

( ゚Д゚)

・・・

こんな感じだろうか

 

俺に着信があるのは

こんなことくらいだからね

すぐ何処からか、わかるんだが

 

ショートからだった

 

まあ、よくあることで

薬が足りなかったんだな

 

母は寝る前に

安定剤を飲んでいるが

それを忘れてしまった

 

母は夜、特に問題があるから

安定剤は無くてはならない

 

でも、安定剤飲んでも

夜中に何度かオシッコで

起きるんだけどね

 

それにしても、

エレベーターの中で

母は、

「あの爺ちゃんがいるといいな~」

 

エレベーターの扉が開くと

キョロキョロして、

 

居たわ

 

向こうもこちらを見て

嬉しそうに、

笑ってるし、

 

母は俺に

「おい!居たわ

良かったよ~」

 

だが、困るね

爺さんが途中で帰ると

 

いきなり、

自分も帰らなくちゃ

になることもあったようだし、

 

そんなことで、

職員さん困らせて

電話でも来た日にゃ

俺もヒヤヒヤもんだし

 

夕方、薬を届けた

 

事務所に職員さんが居たので

「会っていきます?」

と訊かれたが

 

 

会うと、いいのか、悪いのか

わからないので

会わずに帰った

 

電話でヒヤっとしたが、

 

薬を届けたあと

 

母を送ったときと同じくらい

 

解放感があった

 

あとは、お迎えの時まで

徐々に

安心感が

砂時計が減っていくように・・・

 

まあ、しばらくは

いいだろう

 

さて、超遅い夕食だが

ビール、、、のあと

今日はハイボール、、

 

のあと、

熟睡、といきたいもんだ

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

6年ぶりにPSA(前立腺ガン)検査することにした。

 

 

いつも夜8時ごろ寝るんだが

10時過ぎても寝ない

 

この呆けババアの顔を見たくないので

怒りも頂点だが、

今日は4時間程前に

一度、爆発したので

さすがに我慢する

 

ショートから俺の自宅に連れていったが

夕食食わせて

すぐにここ(母宅)に来ればよかった

 

話しだしたら

母が施設の中の事

作り話も含め

段々話しが大きくなってきて

ありもしない、妄想話に発展していく

 

俺はいつも訊いているから

それでも頭に来るが

 

妻が話を訊きながら

呆れている

 

なにしろ後方支援ですから

あまり直接、接してないから

 

その呆れた態度をみると

それにも、俺は頭に来る

 

両方に頭に来て

もう、疲れた

 

還暦過ぎて今だ未熟な俺は

大爆発して

妻の前で

母を詰り

 

母は、

「帰る」

と言って家を出た

 

家を出ても

何処行ったらいいか

わかるはずもなく

暗闇の中を、杖をついて

トボトボと

歩きだした

 

外灯が遠く

真っ暗だ

 

母宅までだと

11キロ・・・

方向もわからんくせに

 

連れ帰ったが

時間をかけたわりに

関係修復出来ずに

仕方なく

時間も時間なので

 

車で母宅に着いた

まだ寝ずに

しかも、先ほどの嫌な感情は

まだ続いているらしく

不穏な感じが続いているが

 

横で、ウトウトされると

気が散り

頭に来る

 

最悪な週末の始まり

 

それにしても

こんな気持ちの悪い気持ち

 

いつまで続くのか

 

今日のババアの

見事な妄想創作話

弁の勢いを思い出すと

 

ゾッとする

 

俺の人生台無しにして

俺が先に逝く

 

そんな勢いだ

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

最近はお墓参りが独りで行くのが当たり前になった

 

 

 

母宅に寄ると、

郵便物に混じって

何か、小さな物体が・・

 

敬老の日のお祝い?

手紙付きで、、

先月まで行っていた

デイサービスからだった

 

「またお待ちしてます」

などと書いてあったが

 

母が行くの嫌だってんだから

仕方ない

 

明日はまたお迎えだが、

今週は今のところ

お電話の気配はない

 

それにしても、冬に向けて

どうするか

 

ショートの施設に

やんわりダメ出し喰らったからな

 

早めに対策をしなければ、

 

面倒だが

自分のためだ

 

敬老の日というが、

俺もその対象らしい

 

息子からメールで

が俺の絵を書いたらしい

 

いい度胸だ

 

子供の眼は嘘がつけねえから

どうせ、詐欺師のジジイのように

書いたんだろう

 

には悪いが

俺は介護が始まると

への興味が急激に無くなった

 

いや、本当に悪いと思うがね

人間が小さいというか

余裕がないと

気が回らないし、

 

興味も持てなくなった

 

人それぞれだから

仕方ない

 

きっと、人並になれるのは

孫が可愛くなくなったころか?

その頃は俺自身が

もうあぶねえわな

 

だが、

何故か気になる

 

どんな顔に書いたんだ?

 

とても、楽しみだ

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

総選挙の争点はやっぱり郵政民営化ですかねえ

 

 

その頃に

戻りてえわ

 

 

母が独居になってから、

20年以上になる

 

独居になってからは

60代後半の独り暮らしだから

俺が週に2,3回寄るくらいで

事は済んでいたし

母も第二の人生を楽しんでいるようだった

俺の60代とは大違いだった

 

料理好きな母は

よく、揚げたて、焼きたての

美味しいものを食べさせてくれたし

 

孫たちも

食べるのをとても喜んでいた

 

5年くらい前から

料理はあまりやらなくなってきた

 

だが、友人がまだ

週に3,4日は来るから

食べ物を持ってくる

 

台所を使うのだが

後片付けが怠慢になってきた

汚れるようになった

 

冷蔵庫の隅で

古くなったものや

腐ったものも

発見するようになった

 

たまに、仕事帰りに寄った俺に

妻が楽になるようにと、

一品持たせてくれていたのだが、

 

髪の毛が入っていたり

切り方が雑だったり

少し、料理も劣化してきた

味も、??と

思うことが多くなってきた

 

流しのコーナーの網?のアレが

異臭を放っていることがあった

 

部屋のあちこちに

モノが散らばるようになった

 

夜中に電話が鳴り

向こうで母が、

うめいていた

ガタガタ震えているようだった

 

車で夜中に駆けつけたが、

ガタガタ震えていたので、

主治医の自宅に電話した

降圧剤を飲ませて、落ち着いたが

 

その後、また夜中に電話が来た

 

今度は、降圧剤を

複数回飲んで、

血圧が下がり過ぎたようだった

 

何回かあったので、

 

俺も何が何だか、

今思い出しても

わからない

 

どんな時、どんな様子だったか

覚えていない

 

そんなことも

何回もあって、、

3年半前、、

 

また、救急車騒ぎもあったりで、

 

認知症だと診断された

 

それからは、

いや、それ以前5年ほど前から

母は病気もちだったから

母宅へは毎日寄っていたのだが

 

認知症になってからは

薬もすべて俺が管理したり

銀行のATMも一緒に行ってやったり

 

母を連れて

銀行に行ってATMを操作していると

 

行員がチラチラ見るようになった

 

母が暗証番号を忘れて、

どうしても思い出せない

 

しばらくすると、警官がそばに来た

 

だが、様子を伺っているようだった

 

情況をみて、俺を職質しようとしていたのか

 

仕方なく、店内に入り

用紙に書いて、お金を降ろした

 

警官がいなくなった

 

確かに、俺の人相も

詐欺師のように見えるだろう

 

自分でいうのもなんだが、

俺は

詐欺師に見えるかもしれない

 

だから、銀行の人からすれば

旬のオレオレ詐欺に

 

ピッタリの情況だったんだろう

 

残念だったな

 

なんか、その後も

何回も一緒にATMに行くもんだから

 

銀行員のチラチラは

何度もあった

 

最近、介護の疲れから

同年齢でも薄い方だった髪の毛が

妻に

「M禿の真ん中が

無くなってきた」

と言われた

 

とても、、

無造作に言われた

 

数年前までは

マッサージしたり

薬もぬったり

一時はアロエを家で栽培して

毎日塗ったり

・・・

棄てていなかった、、

 

だが、介護が始まった3年前から

もう、

棄てた

 

だから、妻にさえ

そう言われても

何とも、思わなかった

 

詐欺師のような顔

M禿の真ん中が上に上がってきた

つまり

”Ω”

こんなか?

 

いや、もっとあるがね

 

俺の顔が想像できるかね?

 

なんの話だったのか

わからなくなってしまったが、

 

そういうことだ

 

豊田議員!

アレを聴いた時、、

 

「この 〇ゲー!!」

 

思わず

「はい!」

と言いそうになったぞ

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

そういえば、ヤモリはどうしたんだろう?

 

 

 

ショートの職員さんに

遠まわしに、

冬には別の施設に行ったらどうか・・

と、言われた

 

ケアマネさんと相談してみてくれ

とも

 

同室者がいると

安定しない

 

先週のように、

夜、ベッドの部屋を出て

スタッフルームで

寝かせてもらおうとしたり

、、が

迷惑なんだろうか

 

それに、俺には報告しないまでも

同室者とトラブルにならないまでも

被害妄想や、幻覚

で、多床室(二人部屋だが)に

馴染めないのか?

 

確かに、そういう話は

母が家で、愚痴を言っている

どう考えても

被害妄想幻覚なのだが

 

多床室でも個室でも良いと

最初から言ってあるのだが、、

 

冬には満床になるから、、

個室は無理だから?

他のいつでも個室で入れる施設が良い、、、と

親切に言ってくれたんだろうが

 

施設の都合もあるんだろうが

 

ちょっとショックだった

 

母は口も達者だしな

やりづらいかもな

 

しかも、息子が

穏やか?だが、親孝行で

送って迎えて、施設まで来るし

 

うるさい事は何一つ

言わないのだが

 

言われたことは

 

冬には個室が無理だから

多床室で居心地の悪そうな母は

他の施設の方が良いのではないか?

ケアマネさんとも相談してみてくれ

・・・

極端に言うと

俺が感じたこと

 

急がなくていいから

別の施設に行って頂戴ね!

 

あ~

面倒だ

 

正直、最近、、

ケアマネの冷たさも感じる

ケアマネさんはちゃんと普通に仕事してるよ

それ以上、何を望むんだ?

 

俺も母の子

被害妄想

なんだと思う

 

 

なんちゅう親子だ

と、思うよ

 

ただ、自分でわかっているからな

そのあたりも

 

今後の事は

もっと先も見据えないと、、

 

ただ、

家に帰って、

母と話をしたりしてると

まだ、普通の生活の

残り火がね

 

残り火を、、消せない

 

だから、例え週に2日でも、

自分の家の自分の部屋で

(最近、たまに自分の家を忘れるが・・・)

月に1,2度でも友人が来るなら

話をしたり、

ショートから帰って

「やっぱ、自分の家はいいな~~気楽で」

と言って、コタツで寝てしまったり、、

僅かだが、残ってる自宅の安心感を

消して

ホームに入れるか、、

 

それが、いいに決まってるが、

俺の気持ちが、、

 

 

多分俺以外

兄、妻、

とりあえず相談しなければいけない相手、、二人は

簡単に、消せるんだよ

 

心の痛みに左右されず

だから

正しい答えを出すんだな

 

で、結局

俺も消す方に

進めるんだよ

 

いつも、腹の下の方に

鈍痛を抱えながら、、

 

母のつい何年か前までの

生活の残り火を

 

消す方に

動くんだな

 

心にどんどん消せない傷が

深くなっていく

 

で、母がいなくなったときから

俺が死ぬか認知症になるまで

痛みはあるんだろうな

 

徐々に軽い痛みになるんだろうが、、

消えないだろうな

 

親の介護をする家族

にならねえことだ

親以外の場合や

一人っ子じゃ、仕方がないが

 

過去に戻れるなら

絶対に介護しない側に

うま~く

自分を置く

(まあ、今だからそう思うんだが・・)

 

あまりにも不公平だ

抱えるものが大きすぎる

 

泣き言を言っても

始まらねえ

 

というか、

泣き言を書くブログだから

これでいいのか?

 

いいんだよ

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村