べっべっべ、、別の爺さんが、、、やるねえ!

 

 

 

あんなに気に入っていた

気の合うという爺さんが

熱を出して

居なくなったというのに

 

今日はお迎えに行ったら

母の横に

 

ちゃっかり

という感じで

わりとしっかりしたように見える

爺さんが座っていた

 

いや

ちゃっかり座っていたのは

母のほうかも知れんな

 

多分、多分だが

今日の爺さんは

認知症じゃない?

いや、俺にはわからんが

 

母は認知症で、

お気に入りの爺さんでさえ

名前を呼んでいなかったし

 

名前も知らなかった

 

俺が教えたが

 

その爺さんも

母を名前で呼んではいないようだったし、

 

俺に

「俺も連れてってくれるかい?」

などと

マジ顔で言っていた

 

だが、今日の爺さんは

母を名前で呼んでいた

 

ん~~

出来る!

 

出来るジジイだ

油断できねえ

 

というか、

とにかくしっかりしてるように

感じたな

 

少し風邪っぽいようで

看護師さんも心配していたが

帰りには

俺の自宅に寄り

鬼嫁のつくった夕食を

全てたいらげ

 

今日の爺さんのことを

目いっぱい3回くらい

繰り返し喋って

鬼嫁を

呆れさせていた

 

母宅に着き

「うちは、、いいな~」

と、常套句

 

だが、7時半に寝て

10時過ぎ

さっき、起きてトイレに行った

 

戻ってきて

 

「え~~?

こんな座敷があっただかえ~~?」

と、のたまう

(あんた、、自分の部屋じゃねえか・・)

 

まあ、寝たあとは

いつもそうだ

 

ここで、安定剤を飲ませた

 

これから、俺も

布団を敷いて寝るが

 

眠れるわけがねえな

 

とにかく、目を瞑ってるだけだが、

それも仕方ない

 

母が早くも

寝息をたて始めた

 

今日の爺さんの

夢でもみてんのか?

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

早くも俺に症状が出てきたような気がするような気がするような

 

 

もう、お迎えの日が

明日・・

 

今日もグループホームの見学

4件目だったが、、

 

珍しく、空き室がひとつ

あるそうだ、、

 

いきなり、

「どうしますか?」

と言われてもね、、

 

問題もあって、、

 

順番待ちはせずに

ということらしいので、

希望はあるということで、

後日、俺から連絡することになった

 

「冬の間、たのむわ~」攻撃で

母に話してみるか・・

 

誰も居ない

母宅に立ち寄った

 

室内温度

4度

 

昼間でもカーテンを閉め切って

真っ暗な部屋

 

ショートに送った日に

慌ただしく

母を追い立てるように

出た、

そのままの暗い部屋は

 

室温のように

冷たい空間だ

 

明日の夜は

また、ここで

母の同じ話を

何度も訊くことになる

 

そして、夜

日に日に俺の睡眠時間は少なくなって

今じゃ、朝方の1~3時間くらいか

 

母自体も、

夜中に脚が痛くなったりで、

益々起きる回数が増えてきた

 

見学の際も、

お喋りじゃねえ俺も

 

母が認知症になった頃のことから

話始めると、

いくらでも話が出て来て、

、、

自分で気が付いて

驚く

 

相手の方が、、

「いいですよ~

全部話してくださいね~」

 

・・・

 

なんか

俺が病気で

・・・

心の病気で

 

神経内科かなんかの

先生に訊いてもらってるような

図・・だった

 

母に明日、話すか

 

こんな時に限って

日曜日あたりに

母の友人二人が来るような気がする

 

そうすると、

母はスイッチが入って

「私は大丈夫!

一人でも大丈夫だでね!」

 

などと、

張り切るのだが

 

そんなとき、

「グループホームっつう所に、

、、どうだ?」

とは言いにくい・・・

 

・・・

 

何?

そこまで

考えなくても

 

 

これって、被害妄想

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

クリックするの忘れてたわ、、更新になっていなかったぞ、おい!俺

 

 

昨日は朝から

母は溜息の連続で

 

日曜日、友人も来ず

そういえば、

もう3週くらい来ないか・・

 

孤独な週末を過ごしたからか

俺は人数に入ってないし、

俺が盛り上げても

孤独感は仕方あるまい

 

友人たちにしても

同級生なんだから

母と同じで、88歳?

生きてる人の方が少ないだろうし、

生きてるにしても、

母と同じで

あまり訳わかんなくなってる人も多いだろう

 

とびきり元気なお二人が

友人だったのだが、

そうはいっても

だんだん衰えるし

 

おまけに大家族でもなけりゃ

なんといっても、独居だから

母の孤独も

仕方ないところだ

 

そんな溜息なのか

 

その原因はよくわからない

 

朝方?4時頃から

お決まりの便意があったようで、

俺に

「大がしてえだけど、

何処にいきゃいい?」

・・・

 

先日のことがあるので、

俺は

緊張した

 

朝、4時頃になると

もう、俺の睡眠不足も限界で

ちょうど睡眠に入るころだったが

 

ここは、耐えて

慌てて

母をトイレに誘導した

 

「自分の家のトイレが

わからないんじゃ、

困ったなぁ?

おふくろ!」

 

「だって、

ほんのたま~にしか、

帰ってこねえだもん

仕方ねえじゃ?」

と、

言い返してくる

 

結局、出なくて

次、

5時頃、また同じ会話で

緊張して

トイレに連れて行き

 

無事、出たようだった

 

でも、トイレ

紙パンを降ろすときに

緊張したよ

 

昨日の今日だからな

 

降ろすとそこに、

 

あるんじゃねえか?

ってね

 

なくて良かったよ

 

しばらくは

見たくねえよ

なんぼ親のもんだっていっても

 

勘弁してほしいね、、

 

まあ、俺なんて

在宅ではの件では

まだ、楽な方なんだろうけど

 

今後がね

 

 

本当はショートに行く前に

かかりつけ医のところに出向き

母を診察してもらったり、

インフルエンザの接種も、、と

思っていたが

 

母も元気がなく

俺も疲れて気合が入らず

なんとなく

止めてしまった

 

とにかく、ショートに行ってもらうことが

俺にとって第一になってるから、

他の事は

この際、後回し

 

ショートに行くと

フロアまでの間、、

妙に職員さんが

母に話しかけてくる

 

「実はねえ、、

〇〇さんがさあ

・・・

熱出しちゃって、、

今、

いないだよお~」

 

「へ~

そりゃあ、いけないねえ」

などと、

平静を装っていたがね、、母は

 

お気に入りの、爺さんのことだよ

 

なんつっても

今は、あの「爺さん頼み」

みたいなもんだから

大丈夫か?

 

それでも、

そんなに変わったところもなく、

俺に手を振って

送ってくれたから

 

俺は逃げるように

ショートの施設を出てきた

 

 

夕方、また

グループホームの見学

 

めぼしいところは

冬に向けてどこも

空いてないようだから

仕方ないが

 

見学➡温泉

のコースで

行くか

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

久しぶりの投稿が、こんな話で悪いのだが・・・

 

 

 

 

 

 

油断はできないものだ

 

液体はそれはそれでやっかいだが、

固体、、それも

 

軟らかいものは

 

やっかいでは済まないわ

 

日曜日だが

朝一でグループホーム

見学に行く予定だったのだが、

 

朝から母の様子がおかしかった

 

夜中に6回ほどのトイレがあったが

朝方、いつものことだが、

 

便意があっても

出ないと

気持ちが悪いらしく

 

ずっとコタツで

伏せっていたが

 

をしてもいい?」

と、いきなり俺に訊いた

 

いいに決まっているが、

ここでされたら困るが

「是非トイレでお願いしたいのだが?」

 

「そんなの、あたりまえじゃん?」

 

などと、余裕をかましていた母だがね

 

一緒にトイレに行って

 

「膝の下まで、ちゃんと紙パン降ろしてな!」

 

「何百回も言われてりゃ、

そんなのわかってるわい!」

などと

リキんでいたが、、

 

少し降ろし始めて、

チラッと見えたのが、

 

 

、、ですわ

 

立派なですよ

 

母の余裕の口と同じように

立派なでしたが、、

 

俺が大きい声でうろたえると

 

なんと母は

 

そのを、

しわくちゃなお手手で、、

さわろうとするでわないか

 

やまろ

 

やまろ~

やまろ~、、

やめろと言ってるつもりだった)

 

俺の叫び声に驚き、

 

手を引っ込めては

 

また、触ろうとする

 

おい!

やまろ!

 

最後には

おい!

 

やまお!

 

と言ってしまった

 

俺も慌てて、

焦っていた

 

 

結局、母は

手を触れることを

何とか思いとどまったが、

 

後片付けに、

ほとんど寝てない俺は

疲れ果て、

グッタリしていると

 

「お前、どこか具合悪いだか?」

と、、

 

妻がよく

憎憎しげに言うが

一人勝ち

だな

 

後片付けのあと、

グループホームの見学に急いだが

なんか

疲れちゃって

 

寝不足もあって

あんまり

覚えていない

 

やっと、2件目の見学だったが、

明日からの週

また、2~3件、行く予定だが

 

このところ

妻の母攻撃がきつい

本人から本人は

とても優しいのだが

俺に対しての母攻撃がきついので

このについては

まだ言っていない

 

いずれ、このブログを観て

また、騒ぐのだろう

 

「もう、早く

グループホームだな!

すぐにでも!」

と、

 

目に浮かぶようだ

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

一泊もしてないのに、大騒ぎ

 

 

母宅からショートの施設まで

車で約25分

 

10分ほど走って

母にマスクを買おうと

コンビニに寄った

 

車に戻ると

 

「トイレに行きてえな、、」

 

「15分我慢できるか?」

 

「大丈夫だと思うけど、

大・・がな・・・」

 

即刻、自宅に向かった

 

には、かなわない

 

幸い、まだあまり

のことで、

爆弾を落とされたことも

 

忘れたころの数回しかない

 

母はしきりに

引き返したことを

謝るが、、

 

これからショートに行って

その間だけにしろ

俺に普通の生活をさせてくれるんだから

こっちがお礼を言いたいよ

 

と、感謝の気持ちで

夜、8時30分・・・

 

晩酌のビールを一口飲んだとき

 

携帯が鳴った

 

久しぶりにショートの施設からだった

 

「落ち着かないので、お話してもらっても

いいでしょうか?」

 

母に替わってもらうと

 

「おい?どうなってる?

ちょっと、迎えに来てくれない?

お母さんが、具合悪いみたいだで、

帰らなきゃいけないだよ~」

 

お、お母さん、、が出たか

 

噛んで含んで、飲み込んで、

もいっかい出して、また噛んで

、、懇々と

朝から、今までの工程を話し

 

「頼むな~、仕事だと思って、、

家のことは大丈夫だよ、、

安心して、そこに泊まってくれな

頼むな、、」

 

俺の

「頼む攻撃」

息子思いの母は

「わかった、それじゃあ、

ここに泊まればいいわけだな?」

 

と、妙に元気に電話を切った

 

とさ

 

まだ、一泊目だというのにね

 

 

ビールの味は、

しっかり落ちたから

 

今夜は、

頼むぞ、、おふくろ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

歯医者、恐え~~~

 

 

 

とても、もうすぐ63になる

初老?の言葉とも思えん

 

だが、

本当のことだから仕方ない

 

俺は自他共に認める

ペシミスト

いや、

この横文字は少しキザだったか

 

歯医者を恐がるジジイには

似つかわないキザな表現だったが、

とにかく、何でも悲観的にとりまくる

損な性格だ

 

だから、治療台に座ったとたんに

最悪のことばかり考える、、

ピリッっとくる

あれ、だ

 

ただのクリーニングだったが、

ハンカチを握りしめ

背中汗びっしょり

 

頭の上の

恐い女は

ふと、手を止めて

「・・・

・・・

大丈夫ですか?

・・・」

 

冷たい声だった

 

小学生だって

そんなに怯えねえぞ?

 

とでも、言いたそうな

雰囲気だった

 

結局、最後まで

痛くなかった、

 

みっともない

 

だが、あの恐い女しか

このことは知らんだろう

 

それに、毎日患者の歯と対面していれば

すぐに忘れてくれるだろう

(ここは楽観的になるのだが・・)

 

88歳の母はもう歯がない

認知症だとわかった3年半前、、

確か、まだ1本だけあった

 

1本になってから3年くらい

歯医者に通ったが

支えになるとかで、

なかなか抜いてくれず

いつも、不満を言っていた

 

そのころも俺が朝晩と

日に2回、母宅に寄って

生活援助をしていたが

 

その頃、

俺が母宅に行くと

 

上下の入れ歯を外している事があった

 

俺が部屋に入ったとき

 

その口で

ニカ~

っと笑っている事がよくあったが

 

上のはじっこに

一本残ったその口は

 

漫画のように

滑稽だった

 

もちろん、今も今で、

歯が何にもない母の顔は

滑稽なんだがね

 

ところで、その滑稽な人が

明日、ショートのお迎えで・・・

 

今週も何の電話もなく

無事にお勤めをはたしてくれている

 

ありがたい

 

送った時に

お気に入りの爺さんが居て

 

即座にとなりに座っていたので

安心していたが、、

 

職員さんも、最近は

爺さんが居ると、

隣の席を母に空けてあるようだ、

 

俺は何故か、

少し、恥ずかしい

 

その爺さんも、最近では

俺の顔を見ると、

近くに来て、笑顔で挨拶をするようになった

それどころか

「一緒に、車に乗せていってくれるかえ?」

などと言って、

職員さんを慌てさせていたこともあった

 

 

いっそのこと

 

うちの

滑稽な人を

 

嫁にもらってくれんかねえ

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

ほら、落選しちゃったわ・・豊〇さん、、

 

 

相変わらず、

たまに、時代を取り違えてしまうようで、

 

昨日も夕方

何か、冗談を言い合った後、

 

「おいおい、にいちゃん」

(俺を兄だと思ってるのか?

まあ、よくある間違いだからな)

 

「面白れえ、妹だと思ってる??」

 

・・・

(返す言葉がない、、

70年前に亡くなった

母の兄のことを言っている、)

 

しばらく、

あんぐり・・・してると

 

俺の顔をジーっと見て

 

「え??

お前は〇〇?(兄の名)

え?違う?

お前は〇〇?(俺の名)

・・・

そうだよな~

お前が〇〇(俺の名)じゃなきゃ

こんなに面倒みてくれるわけね~やなあ」

 

最近、

「お母さんは何処にいる?

昨日、ここに居ただけど?」

とか、

やはり、50年前に亡くなった

母の母親のことを言ったり

 

そろそろ

お迎えが来ているんだろうか・・・

 

昨晩は台風もあったし、

雨がうるさくて

あまり眠れなかったが

 

風はそんなに吹かずに

朝方、2時間ほど熟睡出来た

 

前の晩は熟睡30分ほどか・・

 

どこかで爆睡できればいいが、、

 

そういえば、最近、

しきりに

トイレに行くときに

大だと、

「大をやるトイレはどこ?

この家には大が出来るトイレがねえから

困る、、

あっちはちゃんとあるけど」

 

あんたが何十年も前に改築して

水洗トイレにしたんじゃねえか?

 

なんかすれば、

前の川に

流れて行くだか?

・・・

それは、

いやだなあ、、

はっはっはっは」

 

 

俺が、、、

嫌だわ

 

 

認知症も、少しずつ

進んできてるんだなあ・・

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

おふくろ!頼む、そのくらいでやめてくれ~!参った!

 

 

台風、

早くなった?

 

予定が狂う

この古い家で

台風の夜を迎えたくねえな

・・・

まあ、どうせ

眠れないから

同じか

 

 

お迎えに行ったが、

職員さん

言いたい事があって

待ってた様子で、、

 

時計は持ってくるなとか、

そうですね、、

失くすから・・・

 

きっと、

失くなった、なくなったと

大騒ぎして、

盗まれたとか、、、

母が嫌なこと言ったんだろう

 

電池なくなって、

動かなくなった時計、、

 

薄笑いしてたよ

 

だから持たせてんだよ

 

なんじゃねえさ

もう、三下り半、突き付けられてるし

いつまでも行くこともない

 

ただね、、

お気に入りの爺ちゃんが、

また、ちゃんと隣に居て

ベッタリしてんだな

 

本人、ここが

他に比べりゃ

いいんだろうな、、

他なんて、全部

忘れちゃっただろうけど

 

なんだ、

結局、爺ちゃんか・・

 

 

施設から俺の自宅へ行って

妻が母に夕食を、、

気持ちはとてもありがたいが、

 

食べ過ぎを

思いっきり、気を付けていたんだが

 

母宅へ向かう車の中、

なんか、ゲップの連続で

 

 

目の前に置くと

食っちまうんだな

 

 

午後8時を過ぎたが、

延々と、ショートでの話しをしてる

・・・

訊いてやらねば

・・・

ひとつ残らず、訊いてやらねば

・・・

何度、同じ事話すのか?

・・・

だが、今週は

帰ってきたら、

完璧に、認知症の対応の

王道を

完璧にこなそう

 

俺は認知症介護教祖になろうと、

そう誓ったはずだ

(デマカセだけは一流だな・・)

 

とにかく、

認知症の母の言うことだ

否定せず、

「ほ~?へ~?」

でいこう

 

名付けて

「認知症介護ほ~?へ~?法」

 

・・・

それにしても、

まだ、話してる・・同じ事

 

さっきも言ったぞ?

・・・

おいおい

それも3回目だぞ

・・・

え?

また?

・・・

・・・

いい加減に・・・

 

、、、

 

修行だ

 

これは、

どんな修行にも

勝る

 

修行だ

 

 

・・・

 

空海

これが、出来るんだろうか?

最澄は?

法然は?

親鸞は?

道元は?

日蓮は?

(誰か抜けてるか?)

 

みんな、ほとんど

自分が喋るだけじゃねえか??

 

上記の方々に

俺の母の話しを訊かせたい

 

 

参りました~

もう、そのくらいにしてください、、

おねがいします~~

 

と、俺のかあちゃんに

土下座するんじゃねえか?

 

さあ、

お遍路

自分を鍛えてる、、つ・も・り、、で

反省してるフリをして

歩くのと

 

介護

認知症の母の話しを

否定することなく

 

延々と、

イビキをかいて寝るまで

 

延々と

胃と胸の怒りを押し殺し

 

「ほ~?

そうか、そうか、

へ~~~?

うそぉ~

ほんとに~?」

 

と、初めて訊くような顔で

 

何度も何度も頷きながら

 

同じ話をニコニコして

訊くのと

 

 

もうおわかりですね、、

 

 

介護してる、みんな

 

あんたは

 

偉い!

 

がんばろうな

 

 

おいおい

おふくろ、

寝たよ

イビキかいて

寝たよ

 

さて、これからが

ながいんだけどね!

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

期日前投票に行って、あがる人もいるんだなぁ

 

 

期日前投票に行った

行きたくなかったが、

雨だし、

 

行って、面白いものを見た

(そう思うのは俺だけかもしれんが・・)

 

比例と裁判官?の説明を受けてる人が、、

何故か、ボーとしていて、

そのうち、

説明してる人から

「あの・・

大丈夫ですか?」

 

と、言われた・・

 

その人は

次に、2枚の用紙に

書き入れ

 

投票箱に入れ・・

 

歩き出したが、、

 

「あの、、

ちょっと、

・・・

入れてください!」

 

と、今度は

立会人の方に

言われ、

振り返って見ると

 

投票箱に

投票用紙が

半分しか入ってなかった

 

慌てて、

入れなおした・・ようだった

 

それが、どうした?

 

 

 

 

やはり、

睡眠負債は怖そう

・・・

あまり観ないテレビ

それを観たり、

妻の口から、

よく出てくる言葉だ

 

俺も、さすがに

10月の急な寒さに

風邪気味なのか?

体調が優れず

頭痛が続いていた

 

母宅での夜間

どうしても、

どう、工夫しても

いろいろ試してみたが、

 

朝方2時間の熟睡以外は

ウトウト状態で

 

やはり

身体の抵抗力もなくなってきていたんだろう

 

ショートに母を送り届けることは出来たが

その後、あまり動けなくなり

やっと回復して

慌ただしく働き

・・・

気が付くと

 

明日、お迎え・・だ

 

でも、悲しいわけじゃない

 

母は、ハッキリ言って

俺にとって

未知の部分が5%しかない

 

後は全部わかっちゃった

(と、思ってるだけかもしれんが)

 

齢とって呆けて

認知症になって、

自分で出来なくなったことが

増えて

 

母のというか・・・

今は見えてきて、、

これは、どうしても

醜い部分なんだがね

 

その95%を分かった(つもり)上で

 

俺は母をそんなに嫌いでもない

(好きでもないが・・)

 

 

妻にして見りゃ

わかればわかるほど、

母の嫌なところを

旦那と共有できるわけだから

やっと、旦那も姑の嫌なところがわかったか・・

と、

やり易くなったところもあるんだろうが

 

だから、

明日、母を迎えに行くことも

嫌だが、

反面、

 

トイレの窓の外を見ながら

息子のシルバーの車を

毎日待っている母を

早く迎えに行ってやりたい

 

という気持ちもあるんだな

 

あれも、これも食わせてあげたい、

花も買ってやりたい、、、

漏らしても、

何食わぬ顔で、

片づけてやりたい

話すことに、

全部、返事をしてやりたい

 

 

 

とは

思うのだが・・・

 

 

絶対無理だ!

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村