6年ぶりにPSA(前立腺ガン)検査することにした。

 

 

いつも夜8時ごろ寝るんだが

10時過ぎても寝ない

 

この呆けババアの顔を見たくないので

怒りも頂点だが、

今日は4時間程前に

一度、爆発したので

さすがに我慢する

 

ショートから俺の自宅に連れていったが

夕食食わせて

すぐにここ(母宅)に来ればよかった

 

話しだしたら

母が施設の中の事

作り話も含め

段々話しが大きくなってきて

ありもしない、妄想話に発展していく

 

俺はいつも訊いているから

それでも頭に来るが

 

妻が話を訊きながら

呆れている

 

なにしろ後方支援ですから

あまり直接、接してないから

 

その呆れた態度をみると

それにも、俺は頭に来る

 

両方に頭に来て

もう、疲れた

 

還暦過ぎて今だ未熟な俺は

大爆発して

妻の前で

母を詰り

 

母は、

「帰る」

と言って家を出た

 

家を出ても

何処行ったらいいか

わかるはずもなく

暗闇の中を、杖をついて

トボトボと

歩きだした

 

外灯が遠く

真っ暗だ

 

母宅までだと

11キロ・・・

方向もわからんくせに

 

連れ帰ったが

時間をかけたわりに

関係修復出来ずに

仕方なく

時間も時間なので

 

車で母宅に着いた

まだ寝ずに

しかも、先ほどの嫌な感情は

まだ続いているらしく

不穏な感じが続いているが

 

横で、ウトウトされると

気が散り

頭に来る

 

最悪な週末の始まり

 

それにしても

こんな気持ちの悪い気持ち

 

いつまで続くのか

 

今日のババアの

見事な妄想創作話

弁の勢いを思い出すと

 

ゾッとする

 

俺の人生台無しにして

俺が先に逝く

 

そんな勢いだ

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

最近はお墓参りが独りで行くのが当たり前になった

 

 

 

母宅に寄ると、

郵便物に混じって

何か、小さな物体が・・

 

敬老の日のお祝い?

手紙付きで、、

先月まで行っていた

デイサービスからだった

 

「またお待ちしてます」

などと書いてあったが

 

母が行くの嫌だってんだから

仕方ない

 

明日はまたお迎えだが、

今週は今のところ

お電話の気配はない

 

それにしても、冬に向けて

どうするか

 

ショートの施設に

やんわりダメ出し喰らったからな

 

早めに対策をしなければ、

 

面倒だが

自分のためだ

 

敬老の日というが、

俺もその対象らしい

 

息子からメールで

が俺の絵を書いたらしい

 

いい度胸だ

 

子供の眼は嘘がつけねえから

どうせ、詐欺師のジジイのように

書いたんだろう

 

には悪いが

俺は介護が始まると

への興味が急激に無くなった

 

いや、本当に悪いと思うがね

人間が小さいというか

余裕がないと

気が回らないし、

 

興味も持てなくなった

 

人それぞれだから

仕方ない

 

きっと、人並になれるのは

孫が可愛くなくなったころか?

その頃は俺自身が

もうあぶねえわな

 

だが、

何故か気になる

 

どんな顔に書いたんだ?

 

とても、楽しみだ

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

総選挙の争点はやっぱり郵政民営化ですかねえ

 

 

その頃に

戻りてえわ

 

 

母が独居になってから、

20年以上になる

 

独居になってからは

60代後半の独り暮らしだから

俺が週に2,3回寄るくらいで

事は済んでいたし

母も第二の人生を楽しんでいるようだった

俺の60代とは大違いだった

 

料理好きな母は

よく、揚げたて、焼きたての

美味しいものを食べさせてくれたし

 

孫たちも

食べるのをとても喜んでいた

 

5年くらい前から

料理はあまりやらなくなってきた

 

だが、友人がまだ

週に3,4日は来るから

食べ物を持ってくる

 

台所を使うのだが

後片付けが怠慢になってきた

汚れるようになった

 

冷蔵庫の隅で

古くなったものや

腐ったものも

発見するようになった

 

たまに、仕事帰りに寄った俺に

妻が楽になるようにと、

一品持たせてくれていたのだが、

 

髪の毛が入っていたり

切り方が雑だったり

少し、料理も劣化してきた

味も、??と

思うことが多くなってきた

 

流しのコーナーの網?のアレが

異臭を放っていることがあった

 

部屋のあちこちに

モノが散らばるようになった

 

夜中に電話が鳴り

向こうで母が、

うめいていた

ガタガタ震えているようだった

 

車で夜中に駆けつけたが、

ガタガタ震えていたので、

主治医の自宅に電話した

降圧剤を飲ませて、落ち着いたが

 

その後、また夜中に電話が来た

 

今度は、降圧剤を

複数回飲んで、

血圧が下がり過ぎたようだった

 

何回かあったので、

 

俺も何が何だか、

今思い出しても

わからない

 

どんな時、どんな様子だったか

覚えていない

 

そんなことも

何回もあって、、

3年半前、、

 

また、救急車騒ぎもあったりで、

 

認知症だと診断された

 

それからは、

いや、それ以前5年ほど前から

母は病気もちだったから

母宅へは毎日寄っていたのだが

 

認知症になってからは

薬もすべて俺が管理したり

銀行のATMも一緒に行ってやったり

 

母を連れて

銀行に行ってATMを操作していると

 

行員がチラチラ見るようになった

 

母が暗証番号を忘れて、

どうしても思い出せない

 

しばらくすると、警官がそばに来た

 

だが、様子を伺っているようだった

 

情況をみて、俺を職質しようとしていたのか

 

仕方なく、店内に入り

用紙に書いて、お金を降ろした

 

警官がいなくなった

 

確かに、俺の人相も

詐欺師のように見えるだろう

 

自分でいうのもなんだが、

俺は

詐欺師に見えるかもしれない

 

だから、銀行の人からすれば

旬のオレオレ詐欺に

 

ピッタリの情況だったんだろう

 

残念だったな

 

なんか、その後も

何回も一緒にATMに行くもんだから

 

銀行員のチラチラは

何度もあった

 

最近、介護の疲れから

同年齢でも薄い方だった髪の毛が

妻に

「M禿の真ん中が

無くなってきた」

と言われた

 

とても、、

無造作に言われた

 

数年前までは

マッサージしたり

薬もぬったり

一時はアロエを家で栽培して

毎日塗ったり

・・・

棄てていなかった、、

 

だが、介護が始まった3年前から

もう、

棄てた

 

だから、妻にさえ

そう言われても

何とも、思わなかった

 

詐欺師のような顔

M禿の真ん中が上に上がってきた

つまり

”Ω”

こんなか?

 

いや、もっとあるがね

 

俺の顔が想像できるかね?

 

なんの話だったのか

わからなくなってしまったが、

 

そういうことだ

 

豊田議員!

アレを聴いた時、、

 

「この 〇ゲー!!」

 

思わず

「はい!」

と言いそうになったぞ

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

そういえば、ヤモリはどうしたんだろう?

 

 

 

ショートの職員さんに

遠まわしに、

冬には別の施設に行ったらどうか・・

と、言われた

 

ケアマネさんと相談してみてくれ

とも

 

同室者がいると

安定しない

 

先週のように、

夜、ベッドの部屋を出て

スタッフルームで

寝かせてもらおうとしたり

、、が

迷惑なんだろうか

 

それに、俺には報告しないまでも

同室者とトラブルにならないまでも

被害妄想や、幻覚

で、多床室(二人部屋だが)に

馴染めないのか?

 

確かに、そういう話は

母が家で、愚痴を言っている

どう考えても

被害妄想幻覚なのだが

 

多床室でも個室でも良いと

最初から言ってあるのだが、、

 

冬には満床になるから、、

個室は無理だから?

他のいつでも個室で入れる施設が良い、、、と

親切に言ってくれたんだろうが

 

施設の都合もあるんだろうが

 

ちょっとショックだった

 

母は口も達者だしな

やりづらいかもな

 

しかも、息子が

穏やか?だが、親孝行で

送って迎えて、施設まで来るし

 

うるさい事は何一つ

言わないのだが

 

言われたことは

 

冬には個室が無理だから

多床室で居心地の悪そうな母は

他の施設の方が良いのではないか?

ケアマネさんとも相談してみてくれ

・・・

極端に言うと

俺が感じたこと

 

急がなくていいから

別の施設に行って頂戴ね!

 

あ~

面倒だ

 

正直、最近、、

ケアマネの冷たさも感じる

ケアマネさんはちゃんと普通に仕事してるよ

それ以上、何を望むんだ?

 

俺も母の子

被害妄想

なんだと思う

 

 

なんちゅう親子だ

と、思うよ

 

ただ、自分でわかっているからな

そのあたりも

 

今後の事は

もっと先も見据えないと、、

 

ただ、

家に帰って、

母と話をしたりしてると

まだ、普通の生活の

残り火がね

 

残り火を、、消せない

 

だから、例え週に2日でも、

自分の家の自分の部屋で

(最近、たまに自分の家を忘れるが・・・)

月に1,2度でも友人が来るなら

話をしたり、

ショートから帰って

「やっぱ、自分の家はいいな~~気楽で」

と言って、コタツで寝てしまったり、、

僅かだが、残ってる自宅の安心感を

消して

ホームに入れるか、、

 

それが、いいに決まってるが、

俺の気持ちが、、

 

 

多分俺以外

兄、妻、

とりあえず相談しなければいけない相手、、二人は

簡単に、消せるんだよ

 

心の痛みに左右されず

だから

正しい答えを出すんだな

 

で、結局

俺も消す方に

進めるんだよ

 

いつも、腹の下の方に

鈍痛を抱えながら、、

 

母のつい何年か前までの

生活の残り火を

 

消す方に

動くんだな

 

心にどんどん消せない傷が

深くなっていく

 

で、母がいなくなったときから

俺が死ぬか認知症になるまで

痛みはあるんだろうな

 

徐々に軽い痛みになるんだろうが、、

消えないだろうな

 

親の介護をする家族

にならねえことだ

親以外の場合や

一人っ子じゃ、仕方がないが

 

過去に戻れるなら

絶対に介護しない側に

うま~く

自分を置く

(まあ、今だからそう思うんだが・・)

 

あまりにも不公平だ

抱えるものが大きすぎる

 

泣き言を言っても

始まらねえ

 

というか、

泣き言を書くブログだから

これでいいのか?

 

いいんだよ

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

Live

 

 

午後7時過ぎに

どうしても瞼が重くなるようで

母が寝てくれた

 

俺としては

嬉しいんだがね

 

が、、

しばらくすると、

「私は明日はどうなるだえ~?」

と、

ゴソゴソ起き出し

また、こたつの椅子に座りなおし

 

今度は眼はパッチリ

「眠れねえもん、

しょうがねえわな~

夜中に起きるよりいいわ」

・・・

確かに言うとおりだ

 

それにしても寝ない

 

冗談を言う

同じことを何度も言う

早く寝て欲しい

寝て欲しくてたまらない

同じ事を何度も訊きたくない

まともに訊いてはいないが

返事はしなければいけない

 

今は動かない腕時計を

2つ出して来て

「皆、時計を持ってて

自分だけしてない

私もあるんだから

時計くらいしていきてえ」

・・・そのあと

いろんな話しを

創作して延々と

時計をしていく事の必要性を

話し続ける

 

以前は

「失くすからしていくな!」

と言っていたが

もう面倒なので

 

でも、失くせば失くしたで

きっと、騒ぐんだから

面倒が増える

 

目に見えている

・・・

 

まだ、延々と続いている

どんどん眼がさえてきているらしい

 

俺は我慢している

 

あくびをした

 

「あ~あ

寝るかな~」

と言った

 

お!、、寝るか?

・・・

いや、ショートの施設の

お便りを手にした

 

「でも、不思議だね~

爺さんも婆さんも、みんな

頭が白くなる!」

 

いや、それがどうした?

 

みんな白いのは

当たり前で、、

 

あんたが染めてる方が

めずらしいぞ

 

すでに

言ってどうなるもんでもない

 

今度は咳込んだ

 

夜爪を切りだした

・・・

「夜爪きるのは良くねえ」

と、言いながら

切り始めた

 

「前はデイサービス

切ってもらっていた、、

だけど、もうデイサービス

つまらなくなったし、

〇〇さんももう来ねえし・・」

いや、

〇〇さんは母が行くとき

いつも来てるんだが、、

 

実況中継になってきてしまった

 

股にゴミ箱をはさんで

爪をゴシゴシ磨き始めた

 

オイオイ、爪の粉が

みんなゴミ箱の外に落ちてるんだがな

 

「ほいでも、爪の長い人って言うのは

気持ち悪いね、、

威張ってる爺さんが、

割と爪なんか長くて・・」

 

そろそろ爪やめろや

ババア

 

いや、我慢我慢

 

「ん~ん

明日は明日の風が吹くっつうけど

どんな風が吹くかね

・・・

楽しい風が吹けばいいけどねえ」

 

どういうわけか

 

テンションは高い

 

なにか自治会の

資源物収集当番なんかの

紙を見ている

・・・

「私の名前はねえけど

もう、私は用のねえ人間に

なっちまっただか?」

 

「ん~ん

あ~あ、

齢とりゃいいことはねえな」

 

「おい!

私なんかいいけどな

婆さん達なんかな、

みんな誰でも髪、、

真っ白だよ~」

 

だからさ、

それでいいんだよ

あんたがおかしいんだよ!

 

寝た!

 

柿ピーで

ビール始めた

 

長い夜の始まりだ

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

「今日は日曜日です」

 

 

ショートに迎えに行って

そのまま2分の俺の自宅に

連れてきた

 

母曰く「まずいごはんを

すっと食べてた」から

夕食を食べさせてから

母宅に行こうと

 

妻がカレーをつくって

待っていたが

母は予想通りとても喜んで

美味しそうに全部たいらげた

 

俺が腹7分くらいにさせて、

小盛りにしたせいか、、

最後、皿舐めそうな雰囲気だった

 

今思うと

可哀そうな事をした・・・

 

車に乗せて、ここ(母宅)に来るとき

「今日はお前も〇〇に泊まるだか?」

〇〇って、母の実家だ

 

やっぱり、混乱するんだな

 

母宅にきて、

安心したのか

「家が一番いいね~」

 

まあ、いつものことで

すぐに寝た

 

寒いと言うので

電気敷き毛布をつけて

湯たんぽにお湯を入れて

 

鼾をかいて寝てるが

 

朝までに

何が起こるんだろう?

 

楽しみだ

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

温泉でメスの蚊に刺されてしまった

 

 

昨日、俺の携帯に

恐怖の着信があった

 

すぐに出られないことがよくあるので、

その時も、着信になっていて

ショートの施設からで、、

ボイスメールが入っていた

 

ドキドキしながら訊いたら

薬が足りない・・

という用件だった

 

ホッとした

 

で、

3時間ほどして

また、携帯を見ると

・・・

ドキッ

 

また着信だわね

 

しかもやっぱショートからで

 

恐る恐る

今度は電話をかけてみた、、

 

来週の行事のことで

参加すると費用の掛かることだったので

その確認

だった

 

またまた、ホッとしたわ

 

で、ついでに

母の中での様子を訊いてみた

 

行った時はちょっと

元気がなかったが

今は話し相手がいるようで、

安定してるとの事で

 

まあ、利用者はみんな

来たり帰ったりするだろうから

一々、話し相手をアテにしても仕方ない

 

で、昨日は

夜の温泉で癒した

 

温泉の帰りに、

真っ暗な、怖い

母宅に寄り

 

薬を持って

ショートの施設に届けたが

遅かったので、閉まっていて

宿直の方に預けた

 

8時半

上を見上げると

母がいるであろう2回のフロアには

まだ電気がついていた

 

でも、

安定剤も飲んでるから

もう寝ただろうな

などと、思いながら

自宅に戻った

 

母宅からショートまで20分

ショートから自宅まで2分だった

 

こんな近いとこに

母は泊まってるんだな

 

明日はお迎えだが、、

ちょうど、台風の影響で、

雨が強くなるらしいが、、

 

あの古い家で

母と二人で

台風をやりすごすのか?

 

嫌な3連休だなあ

 

俺からすれば、

3連休って

その三日間のほうが

つらい仕事なんだな

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

露天風呂で妙にニコやかな青年がいたが、、英語で喋ったので、目を見ないようにしていた。

 

 

眠れない夜に

慣れてきた

 

夜、認知症の老婆と二人

一つの部屋、

(母はベッドの部屋だから

二つの部屋とも言えるが)

これは、よく考えると、

親子じゃなきゃ

無理じゃねえ?

 

というか、

そんなシュチエ―ション

親子以外は殆どないだろうな

 

しかも、その家が、、

その一部屋以外は

廃屋に近くなってきて、

 

そんな古い家に居るのだ

 

母はもう、1年くらい

自分の部屋とトイレにしか

行ってない

 

しかもだ、

 

母の家の隣は

正真正銘の

 

廃屋なのだわ

 

あまり意識していなかったが

 

そんな環境の中で

介護をしてるわけだ、

 

しかも、

主に、、夜

なわけだ

 

しかも、ほとんど

眠れていねえわけだ

 

奥の部屋

下の、台所、2部屋、玄関

廊下

普段、使っていない

もう何年も

俺しか行かない

 

古い家

 

たまに夜中に

 

カタン・・・

ミシミシ・・・

 

よくあるんだよな

 

さらに、

ウトウトし始めた頃

 

ガタ・・・

 

え?

と、目を開け

斜め上を見ると

 

薄暗い中に

 

 

 

わっ!(これよりデカイ字はねえのか?)

 

 

老婆が・・ね

 

昼間、顔になんか塗ったのを

そのままだから

ちょっと、白い顔なんだよ

 

で、

こっちを睨んでる

・・・

ように見えるんだよ

 

 

そんなことが、

一晩に何回か、あるんだな

 

ホント、冗談じゃなく

チビリそうになるぞ?

チジミ上がるぞ??

 

そんな介護してる人・・

 

俺以外にも

居るのだろうか?

 

自分の親が、

 

そういう意味で、

怖い・・

(この字の怖いだよな?)

という人もいるんだろうか

 

自分の親だぜ?

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

一睡もしてねえ

 

 

午前3時を過ぎたが

 

母、は、シクシク泣きながら

寝てる

 

が、、

もう止まった

 

3回くらい

脚の痙攣で痛がり

起こされ

 

仕上げは

(まだこの後もあるだろうが)

便器到達前のボタボタ

で、下着濡らし

 

怒っちゃった

 

明日は上京

 

母を独りでおいて

 

殆ど寝てないのに

運転・・

大丈夫?

 

それはそれとして

 

今日、ショートから帰って来て

初めてトイレに行ったとき

 

紙パンツ穿いてなかった

 

あぶねえじゃんか

 

それはそれとして、

 

寝てえ

 

寝れねえんだもん

こんなことしか、

するこたねえや

 

きっと、

眠れず介護してる人も

いるんだろうなあ

 

かわいそう

 

しかたねえから

がんばってくれ

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

赤マジックで「今日は日曜日です」紙に書いて、置いておきました。明日面倒だから。

 

 

お迎え日だから

正直、あまり嬉しくない日だが

努めて明るく母に接している

 

今回、2度も施設から

電話をよこした母は

やはり、話しの内容が暗く

 

次回が思いやられる

 

お気に入りの爺さんも

いなくなっちゃったみたいだし

 

ほんとにわかり易い

 

しかし今回は

爺さんの事もあるが

 

妄想が凄い

いつもは軽い妄想で

自分でもひょっとして夢か?

と、感じてるんだが

 

今回は違う

 

夜、俺に電話してきたことは

覚えてないが

電話してきたときの事を

電話以外のことを

鮮明に覚えている

 

自分のベッドの向こうに

男が寝ていて(違うが)

恐い男で、、(女だ)

 

事務所にまだ

職員さんがいたので、

そこでソファーに寝かせてもらったら、

(確かにそうだ)

職員さんが、

家に連れて行ってくれて

そこにピアノが2台もあって

暖かい布団に

寝かせてくれたそうだ

 

その職員さんのことを

自分は憎んでいたのだが、

その職員さんのおかげで

その夜は眠れたそうだ

 

そのことについては

「そりゃあ夢じゃねえか?」

と、2度だけ言ったが

「いや、それだけは

夢じゃねえぞ」

と自信をもって

答えていたので、

 

「そうかそうか

その職員さんは

いい人だな~」

で、済ませておいた

 

次回、行きたくないようで

雲行きが変わってきたぞ

まずいぞ

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村