明日はホットサンドをつくる、、

 

 

 

昨日も寝不足のまま

朝、雨の中

お寺とお墓参りを済ませ

 

母をショートステイ

連れて行ったが

道中半分くらい来たところで

母がめまいを訴えるので

・・・

メガネをしていないのを発見

 

仕方なく引き返し、

、、母はまたトイレをして

再度、出発したが、

 

約20分、

施設に着いたが、

「オシッコ出そうだ、

早くしてくれ!」

で、上履きに履き替え、

エレベータに乗ったところで

「出ちゃった、、」

 

出ちゃったじゃねえ~わ

 

ショートのフロアで、

荷物の引き渡しをしてる間、

母はあっちのトイレ、

「誰か入ってる」

こっちのトイレ

「使ってる・・」

と、焦っていたが、、

薬の説明もあったので、

何もできなかったが、

職員さん達も

、利用者が大勢フロアに出てるので

あまり母を見ていなくて

その後、どうなったか

 

パット交換だけで済んだかな?

 

解放された昨日の午後

少しドライブして

遠くの温泉で過ごした

 

ビール飲んで、

昼寝して

しっかりサウナで絞って

 

家に帰って、

またビール

 

やっとの、お盆休みだった

 

お盆には

母を連れて、14日夕方に

自宅に来て

曾孫を見せようと

 

だが、母の体力もあり

約1時間の滞在だった

 

曾孫にも会えたが

 

俺としては

別にあまり会いたくもないが

孫と1時間、

息子や嫁においては

ろくに挨拶もしないで

終わった

 

いつものお盆とは

全く違ったが

 

楽と言えば、楽で、

母のことだけ面倒見ていれば

良いのだし

それは、いつものことで

 

息子一家の帰省による

大変さは

妻が独りで背負った

 

潔癖症、綺麗好きの妻は

やっと息子一家が帰った15日

狂ったように、

掃除をして

 

そして、死んだように

衰弱していた

 

孫は可愛いようだがね

 

俺にとっては

何もなく、また母の顔や

情けない夜のお姿とのお付合いで

夏のイベントが終わったわけだが

 

妻の体調が心配だ

妻と母、両方の世話はキツイ

無理だ

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

お盆は楽しい?認知症の婆さんと二人で過ごしたよ

 

忘れてた

13日に迎え火を焚くのを

うっかりしていた

 

・・・

ほんとは13日の夜

気付いてたが

面倒だった

・・

いい加減なもんだ

 

どうでもいいさ

そんなこと

 

もう使っていない奥の部屋に

無駄にデカイ仏壇があるが、

 

お盆には母の部屋に

即席で仏壇をつくる

ここ何年か、

どうして俺が・・・

と思いながら

 

16日墓参り

朝、俺が行く、、

その足でお寺へ

御礼を持って

・・・兄の名で

俺が行く

 

なりゆきでそうなってしまったが

何故だ?

 

小さいころから

いつも不公平に思っていた

 

が、長男には長男の

俺にはわからない

不公平感があったかもしれないが、

 

だが、それは

義務をはたしてからのことで

 

だったら、やらなきゃいい

 

介護にしろ、こんなことにしろ

 

だったら、やらなきゃいい

というわけにいかないこともある

 

くじ運が悪い、、というか

人がいい、じゃねえだろう

 

仏教ってなんだ?

他の宗教もそうだろうが、、

 

死後の世界が

欲しいんじゃねえか?

 

人の事は知らねえが、、

俺はそれしかない

別に信じてる訳じゃないが

俺はそれだけ

死んだあと何もないと思うと

たまらない

 

明日はショートステイに送る

なるべく早く送りたいから

その前に

墓参り

お寺

全部済ませておく

忙しい

 

早く寝よう

無理だが

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

俺の寿命をもてあそんでるんか?

 

 

熟睡に入りたがってる俺の

枕元を

母がヨタヨタ

トイレに行ったのは覚えてるが・・

 

2時半ころか

ホントに眠い

昨日の寝不足が効いてるので

眼が開かず、トイレ介助できなかった

 

様子がおかしかったので

気合を入れて起きて、訊くと

「パット入れてくれ」

・・・

それならいいだろう

と、ホッとしたが

 

トイレに行ってみると

・・・

ペットシート、びっしょり

 

 

・・・

あっ!

 

廊下が・・・

足跡が・・・濡れてる

 

踏んで、歩いて、、、

 

貴重な眠れそうな時間

我慢して、眼を開け

 

廊下の拭き掃除・・・

 

母が来る、、

謝って、手伝うと言う

 

追い払い・・・

後でまた自分を責めることになるのに、、

だから、そこで耐えて

無言を通す

 

心で泣きながら廊下を

きれいにする

 

ペットシートを敷きなおす

今度は、2mくらいある

廊下、歩く距離全てに

シートを敷いた

 

スリッパもきれいにした

 

手を洗って

母を覘くと

 

毛布をかぶっているが

 

手伝いに来たのを

冷たく追い払ったのを後悔している

 

母が不憫に思うが・・・

どうせ、シートに漏らしたことだって

朝には忘れているんだからな

だから、自分を責めるな

 

貸しが出来た

明日(今日)デイサービスに行きたくねえと

言っていたが

行ってもらわんと困る

とにかく行ってくれと、昨日も

説得しているが、、

 

貸しが出来た・・・

だが、

朝に

本人、今の事

忘れてるんだった

 

とにかく

もう寝れねえ

 

あと、、

3回はトイレ介助しなければ

 

・・・

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

孫御一行が家に来たようだが、面倒なので今日は行かないです

 

 

昨夜は結局

朝6時頃まで

ほとんど眠れなかった

 

で、6時頃から

母が起きてきて

それから俺が眠れるんだな

 

ところが、

目が覚めると

8時30分

・・・

朝、坊さんが

お盆のお経をあげにくる

確かいつも9時前には来る

 

焦ったね

 

慌てて布団をたたみ

仏壇の確認をして

 

母をみると

パジャマ姿

 

昨年までは

段取りをしてから

俺は座をはずして

コーヒーなど飲みに外に出てた

 

だが、もう

母じゃ何をしでかすか

わからない

今年は俺も居ることにした

 

が、すぐにピンポーン

檀家の役員が

 

「あと2分くらいで

お経に来ます~」

 

と言われても

母はパジャマだし、、

 

慌てて母の支度をさせたところに

 

アルバイトのような

いい加減な坊主が来た

 

あっと言う間に

短いお経を済ませ

帰って行った

 

これで、16日には

いくらか包んで、お寺に持って行く

いい商売だ

 

俺もやりてえもんだ

お経の真似はうめえから

 

今日も坊主の後ろで

坊主にゃ見えねえから

 

母の方を向いて

口真似をしていたら、

母は、

涙を流して、

喜んでいた

 

声に出せねえから

苦しそうに笑っていたよ

 

きっと、オシッコ

パットの中に漏らしてたな

確実だ

 

 

お昼前に

少し外出でもさせてやろうと、

 

「JAの生産者直売所へ

花を買いに行こう、、」

と、母を誘った

 

母は喜んで

トイレを済ませ、出掛けた

 

お盆だったので

花は少し割高のようだったが、

たくさんあって、

見てるだけでも、

母は嬉しそうだった

 

3束持ってレジを済ませると

母が、そばに居た店員さんと

顔を見合わせ

「あ~こんにちは

ひさしぶり~~」

などと、声をかけると

店員さんが

「あ、、

〇〇さんじゃあ~~」

などと、

母を知っているようだった

どうも、二人は懐かしいようで

夢中に話してるので

 

俺は、少し離れて

待っていたが、、

店員さんの仕事の邪魔してもわるいので

 

適当なところで

声をかけ、

挨拶をして、

店を出た、、

 

外出して

知り合いに会えて、

懐かしく話せて

とても活性化できたんじゃないか?

 

店をでてから

母に

「良かったな、

知り合いに会えて、、

今の、誰??」

 

 

「知らねえ、、」

 

・・・

 

そういうことも

あるわな

 

で、夜になって

また訊いてみたが

 

やっぱり、

誰だったか

思い出せないようだ

 

というか

もうそんなことは

どうでも良いみたいだった

 

なるほど

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

うれしくって眠れねえわ

 

やりやがった

3時半、トイレ入口から

ボタボタだ

 

ギリギリセーフ、ペットシート

だけどペットシート替えた

パジャマ、股引濡れたわ

おい!

手を洗え

今夜は

まだ、一睡もできねえ

 

パットにやってくれねえかな〜

え〜?かあちゃん

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

お盆は母とベッタリです。嬉しいです。眠れないほど最高に幸せです。

 

 

母を連れに行くと、、

フロアから見える寝室の

お婆さんの横に座って

話をしていた

 

職員さんが

「年寄りは可哀そうだから、

慰めてやってるんだって、、

自分もそのうち歳をとるから

今のうちに年寄りに

優しくしてやるんだって」

と、

苦笑しながら

俺に話した

 

嫌な感じだった・・・

バカにしてるようにも感じた・・・

 

俺は僻みっぽいんだから

言葉に気をつけな、、、

 

というか、

自分の境遇を呪って

拗ねて、

なんでも人の言うことを

悪く取るようになってるだけだが

 

 

何だ、俺が悪いんじゃないか

 

そんな母を車に乗せて、

最初の自動販売機で、

甘酒を買ってやった

「冷たくて、美味しいわ」

と言って、

よろこんでいた

 

で、

「私は何処へ行くだえ?」

・・・

珍しい事じゃねえけど

 

 

夜、兄に電話をした

 

2月に話して以来だが

近くに居ても

母を避け

それ以来、電話の1本もよこさねえ

 

いつでも、この不公平はマズイと思ってる

だが、

気持ちがあるか

気持ちがないか

 

ある方が看るしかない

母にとっても、

気持ちがある方がいいに決まってる

と、思ってる

 

結局、

気持ちのある俺が看るのは自然の成り行きで

仕方ない

 

それでも、

いつでも、義務だけはあると、

思ってもらわないと困るし、

義務を受け入れる人間だと信じたい

いや、きれいごとだな

そんなタマじゃねえ

 

俺自身がダメになる可能性もあるし、

この齢になると、

一瞬、、

「これまでか?」

と思う事が度々ある

 

釘を刺しておいた

 

 

 

それでも、

早く終りにしたい

 

俺の人生があるうちに

まだ、

楽しい、

美味しい、

あれしたい

あそこ行きたい

と、

思えるうちに

 

介護を終りにしたい

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

死について考えたりなんかした、、母じゃなく俺の

 

 

母の居ない実家に行って

部屋に入ると

31度まで上がっていた

 

冷蔵庫の中は

いつも火曜日に

ショートに行く前に空にしている

 

今日は妻と墓掃除をするので

草刈り鎌を取りに来た

俺はアウトドアが苦手で、

そとの作業が嫌いだが

妻は好きではないようだが、

俺よりは行動力がある

 

今日も嫌がる俺の

尻を叩いたようなものだ

 

母の部屋は

土曜日の夜まで、

誰も居ない部屋だが、

それでも30度以上あると

嫌だなと思い

クーラーをかけた

5時間タイマーで・・・

 

無駄な事だが、

何故か、そのまま

高温にしておくのが

嫌だった

無駄なんだが・・・

 

俺の草刈り機は電動だから、

お墓に電源はない

 

猛暑の中

もの凄い汗をかいた

フラフラしてきて

熱中症になりそうだった

 

50mほど離れているところにある、

母の入るお墓も

少し草があったので、

きれいにした

俺が入る墓じゃねえのに

結局、今は

彼岸も俺しか来ないし、、

春は俺も面倒でやめた

お盆は仕方なく

16日には俺と妻で来るのだが

・・・

 

俺は墓など入りたくねえな

あんなジメジメして、

暗いところに居たくねえ

 

あの歌じゃねえけど

空にいたいものだ

散骨?

それも、よく考えたことがないが

しっかり考えなきゃいけないな

 

とにかく、肉親が苦労しないように

俺のことなんて、

すぐに忘れてくれたほうが

気楽だし、

全くかまわない

まあ、死んだら

なんも、わからんのだが、、

今はそう思う

 

葬式は出してほしくない

 

俺は悪いと思うが、

義理があるときや、

友人の親の葬儀に行くとき

ほんと、正直、面倒だと思う

 

そんな気持ちで来てもらったって

ありがたいわけがないわな

建前だけで、、バカみたい

 

これは妻には伝えてある

、、もっと具体的に

書いておこう

 

母は俺に

「近親者のみでやってくれ、、、

死んだら、お前が私の好きな「雨降る・・・」

を弾いて送ってくれ、、

そうすれば、三途の川を渡れる

頼むな・・・」

と言った

 

俺は葬式を簡単にしたかったから

「おい、もう一度言ってくれ」

と言って、

当時のiphoneですぐに録音しておいた

 

え?

最初のiphone?

もうねえぞ

次のiphoneなら、今まだあるが

・・・

 

母の入る墓に、、

 

 

これと同じ花が

一個だけの花で

咲いていたが

 

自宅に帰ると

同じものが庭にあった

 

かわいいもんだ

 

俺にピッタリだ

・・・

 

何かおかしいか?

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

直撃じゃねえか?いいかげんにしろ!

 

 

築63年の古い家で、

台風がほぼ直撃だというのに

 

総入れ歯を外して、

気持ち悪い笑い方をする

梅干婆あ、、と

二人だけで

 

台風の夜を過ごすのだわ

 

俺は還暦を過ぎた自分は

もっと良い60代を想像していた

 

経済的に余裕を持ち

時間に追われる事もなく

 

考え事をしながら

過ごす時間、、、

もちろん温泉も含まれる

 

趣味(独り音楽)に生き

きれいに歳をとり

そんな自分を観て

 

ニッ

ほくそ笑む

 

そうやって、自分に満足しながら

死に方をいつも意識する

家族も含めて、人嫌いだから

なるべく、家族の迷惑にならないように

ジワジワと

そういう方向に

持って行く

 

子供になんか

何にも残さねえ

・・・

・・・

結局、何もなくなったが、、

 

などと、考えながら

明日のショートの用意をしていた

 

股引とかさ

肌着とかね、

洗ったパジャマとか

ババアの衣類を

袋に入れ、、

 

お便りファイルに

 

家では排尿痛が・・・

・・便秘気味だった・・・

みたいに記入して

最終排便

最終入浴

記入して

 

明日無事にショートに行ってもらうことだけを

優先して行動してる、俺

 

こんなはずじゃなかった

と、思いながら

 

台風をまっている

 

くるなら早く来い

 

 

みなさま

気をつけてください!

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

日曜日って普通はうれしいもんだよな?

 

 

昼前までに母の部屋の温度が

29度まで上がった

 

古い家だから、

天井から、

隣の部屋から

窓の外から、

熱の攻撃で、

クーラーMAXでも

余裕がない

 

昼ころ自宅に帰って

夕方まで休んだ

 

明日は

最近行きたがらないデイサービス

母と話をしていると、

段々、母を嫌いになってくる

 

認知症になってから

業というか、、、

人を疑ったり、、

妄想だと思うが、、

なんでも悪くとらまえるようなところがある

俺に対してではないが、

それに、直接人に言うことも

今のところ無いようだが

俺に話しをするときに

けっこう、醜い事を口にする

 

デイサービスにしても

ショートステイにしても

行きたくないようなのだが、

俺の為に行っているようだ

 

施設の様子を話すとき

本当に、嫌な見方をしている

 

母に対しては情があるから

母の孝行息子として接しているが

嫌な人間だな・・・と思う事が多い

、、多くなった

 

今夜はお米を炊いてみた

炊く時は0.5合

それでも無駄になるが

俺は食わんし

あと、ササギの味噌汁もつくる

俺は食わんが

 

花の水を変えるのも俺

花が好きだ好きだ~~

という割には

もう、自分で水なんて

絶対に替えない

 

情でもなきゃ

こんな母の面倒みねえな

 

あ~

また夜か

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

嫌な予想はいつも当たる、、台風も嫌なコースだが、予想通りだった

 

 

ショートから俺の自宅へ

わずか車で3分

母には近いのも遠いのも

言わなきゃわからない

 

妻が夕食をと言うので

お迎えして連れて行ったが

 

妻を前に、喋るわ喋るわ

しっかり喋らせてから

母宅に連れてきた

 

母宅に着くまで

自分の家のことを忘れていて

「私の家って何処の事だえ?

ほんなものあったっけ?」

などと、

充分に認知症の症状を見せてくれた

 

午前中に母の買い物をしてから

母宅に来て、

部屋の掃除をして、

冷房を入れ

庭を見降ろすと

 

 

サルスベリに花が

 

毎年咲くのだが

4日ほど来ないうちに

かなり咲いていた

 

母が大事にしていて

毎年枝を切らされていたのだが

・・・

母は来年もまた

このピンクの花を見られるのか?

 

今日のあの饒舌をみると

まだ何年も、、と思えるが

正直あまりうれしくはないな

 

長い夜のお出ましだ

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村