おふくろの平手打ちは俺のチンに入った!2

 

 

 

ちょっと、

あんた、、チンっつったって

別にあのチンじゃねえんだよ

 

まあ、顎のことなんだが

アゴ先だね

ボクシング用語などで、よく使われるけど

いちばん効くところだね

 

 

しかし、別のチンだったら・・・

もっとえらいことだったな、、

 

 

 

で、、

 

 

行ったんだが

・・・

そろばん塾に行ったんだが

 

友達もいたんだが

 

知らない人ばっかりでね

、、当たり前なんだけど

 

駆け寄ってくると思われた

友達は、、

他の人と楽しそうに話していた、、、

んだろう、きっと

 

 

臆した俺は

 

「やっぱやめるわ

帰る」

 

 

家の玄関まで

走った

 

気の小せえ子供だったんだな、

(かわいかったけど)

 

 

しばらくすると

鬼の形相のかあちゃんが、、

 

玄関に入った瞬間

・・・

 

眼から火花が飛んだ

 

 

玄関の隅から

対角線の隅に

俺は飛ばされて

倒れていたね

 

すごかったね

あのパンチ

 

かあちゃんがあの時

何て言ったか

覚えていないが

 

 

俺が親なら

やっぱ、ぶっ飛ばしていたな

実際、、

一度じゃなく、

自分の息子は

 

ぶん殴ったこともある

 

・・・

・・・

だがね、

 

温泉好きの俺は

よく温泉施設に行くのだが

そこで、若い父ちゃんと

その子供の様子をよく見る

 

数年前、

脱衣場で父ちゃんに怒られている

小学生の男の子をみた

 

俺からみると

よく言う事を利いている子に見えたが

何故か、

父ちゃんを怯えた眼で見ている

父ちゃんの言う言葉に

ビクビクしていた

 

ように見えた

 

異様にその時は

その子が不憫に思えて

しばらく、気になっていたよ

 

 

子供たちに

心で謝ったよ

 

しょっちゅう温泉に連れて行ったが

俺はとても厳しかったし、、

 

あの子のように

息子たちも怯えた眼をしていたのか・・・

 

脅しなんて、なんにもならん

俺は脅していたんじゃないか?

と、、、

大きく反省した

遅いけど・・

 

 

 

かあちゃんの一発は

 

良い思い出で、、

別にそれで

怯えるなんて事は全くなく

 

施設で、、

2回に1回はその話をする

良いネタなのだ

 

「へ~~?

私が~~~?

こんなかわいい、息子の〇〇ちゃんを、

、、、ひどい母親だね~~私は

私を・・恨んでるな??」

 

いつもそう言う

1年前は覚えていたけど

もう忘れてしまったようだ

 

あんないい

思い出なのにな

 

 

忘れちゃったか・・・

 

俺はさみしいよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

おふくろの平手打ちは俺のチンに入った!

 

 

 

母は俺が小学生になった頃

家で、おばさん達5人くらいで

仕事をしていた

 

子供のころの俺は

とてもかわいい子供で

 

・・

みんなにかわいがられていた

 

それは

かわいい男の子だった

 

自分でいうのもなんだが

 

ほんとうに、

おばさん達からも

かわいがられて

 

人なつっこい

かわいい子供だったんだよな

 

それがどうしたか?

 

それだけじゃなく、

いい子だったんだよ

 

 

だがね、

おふくろに

ぶん殴られたことがある

 

一度だけ

 

 

仕事していた母は

いつも忙しくて、、

今もそうだが、

家事に仕事、、、

女はたいへんだと思う

 

父ちゃんは酒飲みで

サボってばかり

 

その血はしっかり

俺にも引き継がれているがね、、

子供の頃は

ほんとうにかわいかった

 

いや、子供だからかわいいのは当たり前、、

みたいじゃなく

 

ほんとに

 

かわいかったんだよ!

 

(太字にしたりしてしつこいか?)

 

 

可愛い

じゃなくて

「かわいい」んだよ

 

この違い

なんとなくわかりますかね

 

母はだから

高度成長期もあって

仕事に忙しく、

旦那は働かず、

余計に忙しく

家事も忙しく

かわいい俺の世話もいそがしく

 

 

ある日

俺は

そろばん塾に行きたくなった

 

どうしても行きたくなった

 

友達が二人

そろばん塾に通っていたんだな

 

その話を訊いて、

行きたくなった

 

 

「かあちゃん、、

おれ、そろばん塾に行きてえ、、」

 

かわいい息子が

かわいい仕草で

そう言ったのだ

 

そりゃあ、おふくろも

何とかしてやりてえなあ

と思っただろう

 

だが、忙しすぎる母は

なかなか首を縦にふらなかった

 

かわいい次男は

それでも

忙しいかあちゃんに

 

「そろばん塾いきてえ

そろばん塾いきてえ」

 

と、

駄々をこねた

 

かあちゃんは

怒りながら

なんとか時間をつくり

 

忙しい中

よそ行きに着替え

 

俺をそろばん塾に

連れて行ってくれた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

豊○前議員、提案があります。

 

 

 

母がショートに行っているので

少し、他の事も考えるようになったが、

ちまたは選挙一色、、

でもないか?

 

選挙といえば、

 

あの、

 

「このハゲー!」

 

で、びっくり😲した、

あの方も、また出るんでしょ?

 

私も母の認知症

翻弄されている中、、

 

眠れない、母宅での夜に

テレビで、あの方の

勇ましい、音声テープを訊き

 

大きな衝撃を受けたことを思い出します、、

 

その後、、

ワイドショーに謝罪で出ていらっしゃったとき、

その風貌に、またまた衝撃を受けました

 

衝撃的な音声テープのころのあの逆ハの字の眉

ハの字になっているじゃないですか?!

 

いや、八の字じゃなく

真っすぐ

 

(ーー)

 

だったかもしれない、、

 

ですが、そのイメージの変わりように

真っすぐが

八の字に見えたのかもしれない

 

とても、反省していらっしゃいましましましました、、。

思わず、

もらい泣きした人も、

いらっしゃったんじゃないかと、、

 

は、思いませんが

とにかく、

 

笑えました

<m(__)m>

 

でもね、

あの方がまた出馬したらしいのですが、

どうなんでしょう?

当選なさるんでしょうか?

 

私は、

当選は難しいんじゃないかと思います、

・・・

ただし、

今のままでは・・。

 

私を選挙参謀に

いかがでしょうか、、〇田さん!

 

貴女を当選させてみせますよ、、

 

 

ここだけの話ですがね、

 

短期戦の選挙

何をやってもとにかく当選しちゃえばいいんですよ

 

とにかく、勝つ

 

あとは任期中

たっけー、、給料もらってりゃ

仕事してるフリだけしてりゃ

いいんですよ

 

みんなそうでしょう?

政治家なんて

 

特別に選挙に勝つ方法

さわりだけ

無料でお教えします

 

 

どうでしょう

 

まず、

右の眉毛を縦にしては?

 

 

ここで、

マスコミは大騒ぎします、、

 

ほら、

みんなバカですから

 

喜ぶんですよ、、!

 

しばらく、様子を見ます、、2日くらいね

 

で、放送回数が少し減ったらね

 

 

今度は、左の眉も縦にするんです

 

 

これは、専門的になりますが、

選挙用語で、

 

両縦(りょうだて)

 

と言います

 

強力です。

 

リスクはありますが、

リスクとリターンは比例しますので、

選挙には必須になります。

 

え?

バカみたいでふざけてる?

 

 

あんた、ハゲーとか、でちゅか?とか

もっとふざけて恥ずかしいこと、ヤッちゃったじゃないですか

 

あれにくらべりゃ

眉毛、縦にするくらい

小さなことなんです

 

 

もう一つ

チャンスなんです

あなた、

ピンチはチャンスって言葉

知ってますか?

 

全国のハゲを味方につけるんですよ

 

 

でも、全国のハゲを敵にまわしてしまったんじゃないかって?

 

ふ、ふ

普通はそう思うわな

 

だからそこを逆手に取るんですよ

 

物事、全て、裏に真有り、という

ことわざがあるじゃないですか

(ほんとか?あるのか?)

 

 

まず、

選挙演説で、

 

もっとハゲー連呼して、

なじるんです

 

でちゅか?も織り交ぜ、

徹底的にやるんです

 

また、大きな反感を呼ぶでしょう

 

でもね、マスコミの捉え方は

以前と違います

 

考えてもみてください

あの時とは

大きく違うことがあるんです

 

それは、

 

それは、

 

それは

 

 

眉毛が両縦

 

なんです。

 

明らかに、

可笑しいですから、、

(もともと、可笑しいですけど・・)

 

マスコミの反応も、

マジで怒っていません

 

三分の一は

お笑いが入っています、

批判も鈍ります

バラエティー扱いです

(もともとそうだけど、、)

 

さらに、ハゲ―と連呼した貴女は

ハゲの反発を受けるでしょう

 

ハゲの多くは

団塊の世代です

人口が多いです

しかも、有権者としての

割合もとても大きいのです

 

その、団塊の世代

ハゲの方々の皆様方の

反感を買った貴女が

何故、チャンスなのか?

 

私の選挙参謀のプロとしての

能力に驚かないでくださいね

 

ここに一つの統計があります

 

2014年度の厚生省の発表によりますと、

 

ハゲの方のうち、、

M(エム)

の方が、なんと36.4%

おいでになるそうです。

 

その36.4%の方々は、、

貴女に

ハゲ―!、、でちゅか?

などと、なじられて、

ググっと心を刺激されて

いるんじゃ、

ないで、しょ、うか・・??

 

いや、そうに違いありません

 

面倒な投票にも、

洗脳されたように、

足を運び、

貴女に清き一票を

ウットリした目で

入れることでしょう

(気が知れんわ)

 

 

ハゲ63.6%の方の支持は

最初から捨てて

 

その神々しき

の方の支持を得られることになります。

しかも

これは、生理学的な話にもなりますが、

 

このMの方というのは

 

投票率において、

Sの方の6.7倍にあたるそうなんです

(2013年度厚生省・・・)

 

しかし、投票率の低い中、

この投票率の高い支持層は

非常に大きな味方となります

 

さあ、

豊〇さん、

 

私を雇ってみませんか?

 

 

・・・

 

ところで、

〇尾さん、、

 

その後、いかがでしょうか?

順調でしょうか?

 

なんなら、相談にのります、、

 

秘策は無限にあります

 

例えば

政策秘書さんには

女装をさせる、、とか

初歩的なミスを防ぐ手立てを

早めにとる事をお勧めしますよ

 

お安くしときます

今、母がショート

少しだけ時間に余裕がありますから・・

 

 

それにしても、

ここまで、読み進んだ、あなたって・・

 

、、、

、、、

 

(^-^; 申し訳なし

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村