赤マジックで「今日は日曜日です」紙に書いて、置いておきました。明日面倒だから。

 

 

お迎え日だから

正直、あまり嬉しくない日だが

努めて明るく母に接している

 

今回、2度も施設から

電話をよこした母は

やはり、話しの内容が暗く

 

次回が思いやられる

 

お気に入りの爺さんも

いなくなっちゃったみたいだし

 

ほんとにわかり易い

 

しかし今回は

爺さんの事もあるが

 

妄想が凄い

いつもは軽い妄想で

自分でもひょっとして夢か?

と、感じてるんだが

 

今回は違う

 

夜、俺に電話してきたことは

覚えてないが

電話してきたときの事を

電話以外のことを

鮮明に覚えている

 

自分のベッドの向こうに

男が寝ていて(違うが)

恐い男で、、(女だ)

 

事務所にまだ

職員さんがいたので、

そこでソファーに寝かせてもらったら、

(確かにそうだ)

職員さんが、

家に連れて行ってくれて

そこにピアノが2台もあって

暖かい布団に

寝かせてくれたそうだ

 

その職員さんのことを

自分は憎んでいたのだが、

その職員さんのおかげで

その夜は眠れたそうだ

 

そのことについては

「そりゃあ夢じゃねえか?」

と、2度だけ言ったが

「いや、それだけは

夢じゃねえぞ」

と自信をもって

答えていたので、

 

「そうかそうか

その職員さんは

いい人だな~」

で、済ませておいた

 

次回、行きたくないようで

雲行きが変わってきたぞ

まずいぞ

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

百日紅の花も終わりのようで、寂しくなった

 

 

この週末は

母が一度も失敗せず

紙パンツショートの施設でしてきたものを

今朝まで穿いていた

 

足の浮腫みがひどく

土曜の夜は痛がって

眠れないようだった

 

俺が甲斐甲斐しく

マッサージなどしてやって

なんとか眠れたようだったが

 

次の日に何げなく

その話をすると

 

「え~~~?」

 

覚えていて欲しい事も

忘れて欲しい事も

忘れてくれる

 

ありがたい病気だ

 

日曜日は午前中

母を連れ出し

花を買いに行った

母は赤い花に拘っている

 

7月にショート赤い花を持って行った

 

最近来ないが

爺さんの誰かが

「この赤い花は、、、

きれいだなあ~~」

と言ったという

 

それからだ

 

ショートに行ってる数日間

花好きの母の部屋は

誰も居なくなるから

花をショートに持っていくことにした

 

これはこれで俺が大変なんだが、、

 

ショートでは

花瓶の水を母がよく替えるらしいが

・・

家では俺が替える

 

俺が気を抜くと

水が腐ってる

 

ドブのような臭いを発する

 

ホントに花が好きなんか?

と、

嫌味も言いたくなるが

 

これも認知症の症状か?

家にいるときは

何もする気になれないようだ

 

俺がやり過ぎとのことも

あるかもしれないが、

これは

鶏と卵の話になってしまう

 

昨日の朝方、通じはあったようだが、

夜中に、

「大がでない、大が出ない!」

と、気持ち悪がっている

朝5時頃、面倒なので

マグミットを飲ませた

そういえば、2日間ほど、

気を抜いて、飲ませていなかった

 

俺も、もう気が回らなくなっている

 

それでも、マグミットのおかげか?

8時頃、気持よく出たらしい、、

 

急に明るい顔になっていた

 

「通じがあると、

気持ちがいいか?」

と、訊いたが

 

「え~~~?

私が?、いつあった~?」

 

だとよ

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

オヤジじゃなくて、ジジイだった

 

 

恥ずかしい

勘違いだった

おふくろの事は言えねえな

 

いつの間にか、俺も

六十を越え

あの、爺さん

と見られる歳になった

 

母は自分の歳を

何時でもわすれている

で、頭が白いと

恥ずかしいと思っているが

染めてる方が珍しいが

・・・

 

顔にある、

1センチ四方のシミが

とても恥ずかしいらしい

 

周りの婆さんをみれば

90近くなりゃ、

シミばっかなんだが

 

まあ、一概に言えないが、

 

 

わかったように

そんな母を

困った思いでいた俺だが

 

いつの間にか

自分が

60過ぎの爺さんだという事を

忘れて

オジサンだと

勘違いしていた

 

それにしても

スマホは、書きづらい

 

まあ、爺さんにしては

スマホで投稿なんて

がんばってる方だな

 

と思うことにしよう

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

早く寝てくれねえかな、、独りでビール飲みてえんだが

 

 

寝不足はいつものことだが、

眠い目をこすり、

母を外に連れ出した

と言っても、

トイレのことがあるので、

JAの生産者直売所へ

花を買いに行っただけだが

 

そこに行くと、まずいことに

先、300mくらいのところに

母が認知症になる前に通っていた

スーパーの中の化粧品店がある

 

シミを隠す、クリームみたいなのを

いつも買っていたのだが

花を買いに行く度、

「あそこにいってくれねえか?」

 

まだ充分あるのに

行けば、また新しいのを買うに決まってる

大体、1センチくらいのシミをそれで隠すというのが

88になるひとの・・

・・・

やめとこう

したいなら、したいんだから

だけど、

化粧品って高価だな

・・・

デイサービスに行って

だれかに

「いいよ~~」

と言われて

買ったBBクリーム

これだって、

たっけ~~

 

俺が知らないだけかもしれないが

 

だから、定期注文を

そ~っと断って、

 

母からの要求を

柳のようにやり過ごしてるんだが・・

なかなか、しつこい

 

家に帰ってから

母の様子が良いようなので

昼に自宅に戻った

 

2時間くらいで母に電話すると

友ダチが2人来ていた

 

珍しく、2週連続だ

 

これで、もう3時間、

自宅に居る事ができる

 

夕方、母宅に戻るが

明日の事

デイサービスの事を

確認すると

急に不機嫌になった

 

一刻も早く

花を持って

爺さんのいる、ショートの施設に

行きたいのだ

 

そういうわけにいかんだよ、ババァ

 

それにしても、、

わかりやすい

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

顔に塗る化粧品・・・欲しがっています。髪染めも気になりはじめてるようだ・・・

 

 

朝は死んだような顔で

機嫌も悪く

・・・

きっと、昨日のこと

夜中に廊下まで

濡らした事を

気にしてるんだろう

 

自分にショックで、

いるんだろう?

 

と、普通は思うのだろうが

まてよ

 

認知症も進んできてる

 

・・・

やっぱり俺の思った通りだった

 

朝、トイレに行くとき、

襖を開け

廊下まで敷いた

ペットシートを見て

 

「こんなふうに

きれいに敷いてくれて

大変だったな、、

なんで??

なんで敷いた?」

 

ですと、

 

昨夜のことなんか

覚えてる訳ねえわな

 

やっぱり

不機嫌の理由は

デイサービスへの

拒否反応

 

つい、一月前までは

ショートステイに馴染めず

 

デイサービスへ行くときは

「やっぱデイが

気楽で、

いいわ!」

などと言っていたのに

 

最近はショートステイ

行きたがる

 

妻に言わせりゃ

「爺さん、

爺さんたちが

気に入ってるに

決まってる!

簡単なもんだ!」

と、、

 

実は

俺もそう思うがね

 

どんな理由でも

助かりますわ

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

さあ、「公開」をクリックして、これからビールでも飲むかな、ホイ!

 

朝、無事に母をショートに連れて行った

多分、お気に入りだと思われる爺さんもいて、

早速、話をしていたので

安心して、自宅に戻れた

 

夕方からいつも行く温泉に行ったが

駐車場が一杯だ

 

出たり入ったりしてるから

すぐに駐車出来たが、

 

そういえば、夏休みで

今は平日でも混んでるぞー

と、この温泉でよく会う知り合いが言ってたな

 

その人はだから

今は観光客の来ない

別のところに行ってるらしいが、、、

 

大浴場で、

ジェットバスで、

ほんわか・・・してると

 

その知り合いが来た

なんだ来てるじゃねえか?

やっぱ混んでるな~

 

その御仁は

頭が良い事で有名で

勿論、本人は何も言わないが

人から訊いた話では

高校のときには

先生よりわかっていたので

先生の代わりで授業をした

という

武勇伝の持ち主だ

 

天才と呼ばれていたと、、

 

まあ、俺とは

頭が違う

 

行ってる温泉施設の数なら

負けねえだろうと、

 

混んでる露天風呂で

あそこは~~

あっちは~~

足伸ばして、、昼神温泉は~~

峰隆太の故郷の・・は~~

日航事故の御巣鷹山の方の~~

あっち、こっち~~~

 

62歳と70歳が、

ムキになって、

温泉武勇伝を、、闘わせたが

 

勝てなかった

 

負けてはいないが

 

だが、

闘いはそれでは終わらず

 

露天風呂の庭に咲いている

花の名前から始まり

(二人ともわからなかったが、)

 

母宅のサルスベリ・・

また、やはり母宅に咲いている

オレンジ色の花は、何という花か?

 

 

花の特徴は二人とも

認識できた

が、

名前が出て来ない

 

露天風呂で、、

満員の露天風呂の隅で、

闘うのだが、、

出て来ない

 

向こうは天才だったとはいえ

70のジジイだ

俺は?

62のジイ

齢的には勝ってるが

持ってる頭が違う

 

・・・

だがね、

勝ったよ

 

テクニックで、勝った

 

天才がリードしてたが

途中まで思い出して

天才は言った

「お~~

たしか、なんとか、、

ここまで出て来てる・・

ほれ、あいぜんかつらじゃねええ~」

 

ピッカ~~ン!

 

「ノウゼンカズラ・・だわ」

 

「お~そうだ!」

 

・・天才も、齢をとる

 

だが、まさか?

俺にヒントをくれた?

わざと?

 

まあ、その可能性もあるわな

ムキになってる

俺があまりに哀れで・・・

 

 

母のことをしなくていいと、

こんなくだらねえことも

ちょっと、ムキになれる

 

さみしいもんだ

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

いつ寝ていつ起きてるかとか自分でもわかんねえ

 

 

あまり陽が差さなかったから

昨日までのような猛暑にはならなかった

 

日曜日といえば、

午前中には母宅をお暇するのだが

今日は母の気分の落ち込み(鬱状態)が気になり

昼過ぎまで出る事ができなかった

 

体調も悪いようで

排尿痛も母の様子で推し量るしかないが

かなりのもんで

上半身まで痛くなると訴える

 

医者に連れてけ

と言うが

明日まで休みだし

 

結局、過去の薬を探し出し

漢方などを飲ませると

痛みは少しおちついたようだった

 

また、夕方、やっと自宅まで出掛け

帰りに赤い花を買って戻ると

少し元気が戻ったようだった

 

明日はデイサービスだが、

あわよくば前回のように、

デイショートに切り替えようとしたが、

ショートの施設に断られて

玉砕・・・

 

俺が気落ちしたが、

仕方がない

明日、もう一晩

なんとか、オシッコ番を勤めよう

 

昨夜も1度、

降ろしてる最中に

出ちゃって、、

ボタボタと床に・・

だが、

ペットシート、、大活躍

助かった

 

幸い、股引も紙パンツも濡れず

大事にはならなかった

 

被害妄想がかなり酷い

訊いてると、

どう考えてもおかしいだろう~

というようなことばかり

 

自分が口の横にシミがあるので、

皆が、いじめようとしてるとか・・・

 

自分の持ち物が、、

きっと無くなってるはずだから

よく見てくれ・・・

 

恐い顔の若い男が車いすで、

利用者の中にいるのだが、

人の影から

じ~~~~っと

見ていて、

どこに移動しても

じ~~~~っと

見てるという

 

「やっぱ、おふくろが

あんまいい女だもんでじゃねえか??」

 

いちいち、反応してやって

 

ヨッ!

還暦過ぎの親孝行!

 

まだ、9時前だが

眠くてしょうがねえ

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

ショートステイから帰って来た母は予想以上におボケになっていた

 

 

母を迎えに行った時、

フロアには利用者さん達が

大勢揃っていた

 

母は俺を手招きして

泊まっていた間、

世話になったという人に

紹介したがる

 

そして、俺に

御礼を言ってもらいたがる

 

いつもは、職員さんが

うまく、母を抑えて、

エレベーターに乗り込むのだが

 

今日は、職員さんが

俺が来たのに気付くのが遅く

 

少し、気恥ずかしかったが

仕方なく、数人の利用者さんに

御礼を言った

 

しかし、御礼を言われた人の中には

もう、目がイっている人や

・・・

「旦那さんかえ~??」

などと、

言って欲しくない事を言う人もいて

 

その場では

取り繕っている母も

車の中では本心が出る

 

少しずつ愚痴が出て

段々、不満が大きくなる

もう慣れたが

どうしても、何処に行っても

ダメなんだな

 

ただ、今日は迎えに行った時

フロアに珍しく

大勢の利用者さんがいたことを言うと

 

「大勢で良かった、

大勢の前で良かった

お前が大勢の前で迎えに来てくれて

お前はいい男だから・・・」

・・・

繰り返すのもなんだが、、

大事なことを言ったので、

 

「大勢で良かった、

大勢の前で良かった

お前が大勢の前で迎えに来てくれて

お前はいい男だから・・・」

と言ったが

どうだろう?

 

自分でも、

母はおかしいと思う

 

そうか、

俺はいい男なのか

 

そうか、

認識を変えよう

 

もっと早く気付けば良かった

 

人生の5分の4くらいは

損しただろうか

 

もう、遅いわ

じゃなくて、母はおかしいわ

やっぱ

 

で、今夜

先ほど、また一戦

かましてしまった

案の定

俺は何の成長もしてなかった

 

だが、それも含めて

今となっては想定の範囲内ということだな

 

明日の朝には

母は忘れてるんだから

 

認知症の唯一

良い症状だな

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

今だ母に育てられている

 

 

今朝は朝6時に起き、

母の朝食、と言っても

味噌汁、卵、くらいだが、

を用意して、

自宅に戻る

 

自治会の作業があり、

眠い中、昼過ぎまでかかった、、

 

途中、母に電話したが、

作業が終わった後、

また電話すると、妙にハイな声

 

こんなときは、友人が来ている

 

案の定、二人の友人が来ていた

2時間くらいは安心

 

買い物をして、午後5時半ころ母宅に着いた

 

母は味噌汁が好きなので、

夜、具だくさんの味噌汁をつくる

 

ハッキリ言って、

俺のつくる味噌汁は

美味い!

 

と、思う

(食った事がないからわからないが)

 

2杯分だけつくって、

翌朝も食べるように

夜は1杯だけ、、

ちなみに俺は食べない

俺は弁当持ち

 

妻に母の分までつくってもらえば

随分楽だけど、

母は好き嫌いがありすぎて、

難しい

 

俺が母につくるのは

味噌汁、、野菜炒め、焼き魚、

・・・ほんとは味噌汁だけの時が多い

最近は疲れるから、温泉たまご、煮卵、焼き魚なんかを

買って来て、、

寿司や、刺身も買って来て、

つくるのは味噌汁だけ、

 

味噌汁のつくり方も知らず、

ほとんど、じゃがいもと玉ネギ

味噌入れて、

火を止めて、ダシ入れて

 

それでも、

「おまえのつくる物は

おいしいねえ~」

と言って、

母は美味しそうに食べる

 

そう言ってくれるから

続いているのかもしれない

、、

と言っても、味噌汁だけだが、

 

それでも俺は

「褒められて育つ」タイプかもしれない

 

60過ぎて

「育つ」もねえか

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

何だ?この病院、、、

 

母が激痛に耐えながら、

病院で、待って

やっと、診察だったが、

 

ネームには

研修医〇〇・・・・

 

良い人のようだったがね

話を良く訊いてくれて、

 

レントゲンや心電図とって、

心臓や血管系ではないと、、

しかし、帯状疱疹の疑いはあるが、

発疹がないので、、

なんとも言えない、、

 

痛み止めで、

様子を見る、

だと!

 

で、結局、

先週のインフルのときのとんぷく

カロナール錠

 

はい、お会計

ご、ご、ご

5260円

、、、時間外、、土曜日、、

救急外来は4千なにがし・・・

確かに、どっかに書いてあった・・

恐るべし、、某・・赤病院

というか

俺が無知だったんだな

 

高齢者のしかも

低所得者の

医療費は安いと思っていたが、、

 

で、

痛みに唸る母を

車に乗せて、

家に帰って、

とんぷくを飲ませた

 

少しだけ、

痛みも軽減したようだが、、、

8時間は置けと、、、

夜中の2時頃まで、

ささやかな効き目は、

持つのか、、

 

今も、母の寝息に

俺の全神経がそそがれる

 

だめだ、

なかなか、気持ちよく

眠りに入れないようだ、、、

 

今夜は特に

寝不足になるだろう、、

 

それにしても、

帯状疱疹だとしたら、

相当、時間もかかりそう、、、

 

ということは、

俺は、

いつになったら、楽になれるんだ、

 

母が来週火曜日から7泊8日のはずじゃなかったのか?

それも、

夢になりそうだ、

 

さらに、

落ちていくなぁ

 

明日も、

もっと、落ちるのか?

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村