おふくろの平手打ちは俺のチンに入った!2

 

 

 

ちょっと、

あんた、、チンっつったって

別にあのチンじゃねえんだよ

 

まあ、顎のことなんだが

アゴ先だね

ボクシング用語などで、よく使われるけど

いちばん効くところだね

 

 

しかし、別のチンだったら・・・

もっとえらいことだったな、、

 

 

 

で、、

 

 

行ったんだが

・・・

そろばん塾に行ったんだが

 

友達もいたんだが

 

知らない人ばっかりでね

、、当たり前なんだけど

 

駆け寄ってくると思われた

友達は、、

他の人と楽しそうに話していた、、、

んだろう、きっと

 

 

臆した俺は

 

「やっぱやめるわ

帰る」

 

 

家の玄関まで

走った

 

気の小せえ子供だったんだな、

(かわいかったけど)

 

 

しばらくすると

鬼の形相のかあちゃんが、、

 

玄関に入った瞬間

・・・

 

眼から火花が飛んだ

 

 

玄関の隅から

対角線の隅に

俺は飛ばされて

倒れていたね

 

すごかったね

あのパンチ

 

かあちゃんがあの時

何て言ったか

覚えていないが

 

 

俺が親なら

やっぱ、ぶっ飛ばしていたな

実際、、

一度じゃなく、

自分の息子は

 

ぶん殴ったこともある

 

・・・

・・・

だがね、

 

温泉好きの俺は

よく温泉施設に行くのだが

そこで、若い父ちゃんと

その子供の様子をよく見る

 

数年前、

脱衣場で父ちゃんに怒られている

小学生の男の子をみた

 

俺からみると

よく言う事を利いている子に見えたが

何故か、

父ちゃんを怯えた眼で見ている

父ちゃんの言う言葉に

ビクビクしていた

 

ように見えた

 

異様にその時は

その子が不憫に思えて

しばらく、気になっていたよ

 

 

子供たちに

心で謝ったよ

 

しょっちゅう温泉に連れて行ったが

俺はとても厳しかったし、、

 

あの子のように

息子たちも怯えた眼をしていたのか・・・

 

脅しなんて、なんにもならん

俺は脅していたんじゃないか?

と、、、

大きく反省した

遅いけど・・

 

 

 

かあちゃんの一発は

 

良い思い出で、、

別にそれで

怯えるなんて事は全くなく

 

施設で、、

2回に1回はその話をする

良いネタなのだ

 

「へ~~?

私が~~~?

こんなかわいい、息子の〇〇ちゃんを、

、、、ひどい母親だね~~私は

私を・・恨んでるな??」

 

いつもそう言う

1年前は覚えていたけど

もう忘れてしまったようだ

 

あんないい

思い出なのにな

 

 

忘れちゃったか・・・

 

俺はさみしいよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

いい子、いい子、してもらった64歳

 

 

 

 

 

面会に行くたび

憂鬱で

 

仕事のように

義務感のようで

 

いつも、おふくろを

騙しにいくようで、

罪悪感を感じるために行くようで

 

精一杯、

俺の全神経を

おふくろを明るく笑わすため、

安心させて、楽しくするために

振る舞って

 

その場だけだけどね

 

 

おふくろは

最後には

「親孝行の息子を持って

幸せだよ」

と、言ってくれる

(言わせるようにもっていく・・)

 

 

「それじゃあ、あたま

ナデナデしてくれや」

 

 

おふくろは

「よしよし、、」

と言って、俺の頭をなでてくれたよ

 

64のじじいの頭を、、

 

「薄くなったと、言いてえか?」

 

「そんなことね~わ

フサフサ、あるじゃあ~?」

 

そして、顔を見合わせて

二人で、でかく笑った

・・

 

よくありそうな定番の

光景だよ

 

・・・

 

だが、、

・・・

俺の心は

全然、、笑ってねえんだな

 

 

帰りの車の中で

 

、、、おふくろも

心は笑ってなかったか?

 

そう思ったら

 

泣けた

 

 

で、

「俺は何してんだ?

何で、こうなっちゃったんだ?」

 

などと思いつつ

2分、3分後、、

 

次の仕事や

用事に向かいながら

心に折り合いがつく

 

 

心って

折り合いがついてしまうんだよ

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

おふくろにぶん殴られたことがあるがね

 

 

週2回の面会は

いつも同じパターンで

 

おふくろが俺、もしくは、妻の顔を見て

感極まる、ところから始まる

 

すると、

必ず近くのお婆さんが

「だんなさん?、、だんなさん?」

と、

・・・

そんなふうに見えるのだろうか・・・

 

そんな中を通り抜け

母の部屋に行く

 

「おまえが来てくれて、、

うれしいよお~~~」

 

妻が来たときは

もっと喜ぶ

 

 

で、最近は

仕事をしたいと言う

 

俺がいつも、

「これから仕事だから

送ってくれな」

の言葉に

「仕事じゃあ、しょうがねえな

気を付けて行けよ

また、来てくれよお~」

 

で、済んでいたが

 

最近は

「私もね、いろいろ考えたんだよ、、

こんなところに居たら、一銭にもならねえし

・・・お前の所で、仕事手伝ってやるで、、

何かやることねえ?

私を仕事に、、連れてってくれや~」

 

・・・

そこから10分くらい、、

話を

逸らす

ことに全力を尽くす

 

まあ、そんなパターンなんだが

 

 

昔話は相変わらずで

俺のことを

「〇〇ちゃんは

可愛かったでな~~

でかい病気してな~~」

 

 

妻は

この

 

「〇〇ちゃんは

可愛かったでな~~

の部分が

 

「どうしても許せない」

と言う

 

最近はよく

面会時の話の時間稼ぎに

 

母に

 

ぶっとばされた

 

話をするようになった

 

だが、、

俺も歳だ

 

座ってるのが

腰痛で苦痛なので

 

また次回にしよう

 

<m(__)m>

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

仙台のパレード、、母は観たのか?

 

 

 

仙台のパレード

そういえば、母も以前ファンだった

 

数年前、、

普通に生活をしていた母は

フィギュアスケートが好きで

いつも俺が録画をしてやっていた

 

何より真央ちゃんファンで

「みてられねえ~~

転ぶなよ~~」

 

と言って、観ていた

 

羽生結弦が出てくると

当然、応援するようになった

 

が、

いろいろ、わからなくなってきてから

俺が録画を再生するが

反応が鈍くなってきた

 

今はどんなふうなんだろうね

 

今の施設では

個室にテレビを置かない、、決まりらしく

・・・

いいか、悪いか

こちらにはわからないし

 

そのタイミングで

部屋の空いていたところに

母を入所させてしまったから

 

 

昨日、面会に行ったら

「〇〇さん、イイ感じなんですよ~

落ち着いて来たんです」

だ、

そうだ

 

いつも、何重にも包んで持っていた

俺が面会の度に書いたノートを

職員に預けたそうだ

 

それから落ち着いたとのこと

 

施設の言う、

落ち着いた、イイ感じ

 

帰宅願望が薄れる、ことだが

それは俺も望んでいたことなんだが、

 

なんか、すっきりしない

 

どうしてか

わからない

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

もう5カ月になる

 

 

 

職員さんが

「特に変わったところはないんですが、、、

昨日、少し外出でそこの工場の桜を見に行って、

帰って来てから少し元気がなかった、です」

 

職員さんがいなくなって

母が

「今日はどこか、

外に出るとか言ってたぞ」

 

通りかかった職員さんに

「今日外出するんですか?」

「いえ、昨日しました」

 

そうだよな

この施設は外出なんて、まずしない

 

話をしていても

このところ、少し前のことは

どんどん忘れていく

 

かなりのスピードで

頭の中の記憶が薄れていってるようだ

 

今日はフロアに入ったとき

俺をみつけて、、グッときたようだ、

泣くのをこらえる顔

 

これが一番こたえる

 

帰宅願望は相変わらずで、

しかし、その帰宅先が自分の実家なんだな

 

60何年住んだ自分の家の事は忘れているのか?

 

 

昨日はその母宅に久しぶりに行って来た

 

脚はどんどん遠のき

暖かくなってきて

くもの巣でも張れば

 

お化け屋敷になってしまう

隣はお化け屋敷になってるし

 

とりあえず、水が出るように

不凍栓を開け

 

土色の水がどっと出た

 

4か月も止めているとこうなるのか

 

郵便物の中に

白い封筒に何か書いてあった

宛名のところに書いてあった

 

〇〇〇さんへ

話に聞くと、こして行くとの事

どうしてですか たまに道を通っても

留守であえず、残念でした  〇〇子

 

母とあまりそりが合わなかった

近所のおばさんからだった

 

封筒をあけると

中は空だった

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

妻への不満

 

 

 

 

先週の面会は妻を連れて

まあ、これは頼み込んで行ってもらった

という感じだった

 

妻にしてみれば面倒なのだが、

母は

「頼れる息子とその嫁」

と思っているから

妻と行くとテンションが上がるし

元気に思える

 

俺が行けば喜ぶが

一緒に行けば、もっと喜ぶ

自分にも家族がいるという

安心感になるのか

 

玄関に送るまで

妙にシッカリしている

 

これも、職員さんたちや、

他の人たちへのポーズもあるように見えるんだが

 

妻の訪問に関しては

俺は不満だ

もっと行くべきだと

行くべき、、じゃないが、、

行ってくれてもいいんじゃないか、、と

不満だ

 

気持ちはわかる

自分の親じゃないし

しかも姑じゃあなおさら

関わりたくないだろう

何度も過去

母が元気な時には

カチンときたこともあっただろう

 

だが、

俺を見てみろ

 

十数年前、、

毎週、率先して妻の両親を

施設に訪問していたんだよ

 

おまけに妻が気が乗らない時期

俺がいつもひとりで義父に会っていたんだよ

 

そういう、

小さい理由なんだが、、

 

そう、

こうしてやったんだから

こうしてくれ

という、

まあ、小さい人間をさらしたわけだが、

 

 

週に2回は面会に行ってるんだが

 

今日も行って来た

 

母は寝むそうで

かなり、呆けていた

 

笑わすのに相当苦労した

歩くのもヨタヨタしていた

 

なんか、また

暗い一週間になる

・・・

気持ちがね

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

週2回の面会になっている

 

 

 

雨が激しい

 

暗い一日だが、

母はいつも見ているという施設の窓から

今も外を見ているのか?

 

あそこに、

息子は働きに来てるだかな?

 

そう思って眺めているのか?

 

巻き爪が痛くて

歩いていけねえが

あそこに来てるだかな?

 

そう思って見てるんだろうか?

 

明日は面会に行って

 

そのあたりのことを

訊いてみるか?

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

母を笑わせるために面会にいくのだ

 

 

 

土曜日に行ってから

4日目、、だが

病院の予約を入れてあったから

今日も行けなかった

 

母宅の近くの病院だったから

郵便物だけ確認に

また寄った

 

いろいろ考えるといけないので、

部屋は一瞥だけして

駐車場に戻った

 

携帯を確認し、、

・・・

数ヶ月前までの妻へのメッセージ

の方に目が行った

 

大口開けて寝てるわ

化粧した顔で、、

また明日、、

 

元気はあるが、咳と痰がひどいから

今は寝てる

俺は普通

 

ご苦労さん

今、熱測ったら37.5

頓服飲ませた

咳もあるから明日もダメだな

 

熱下がったけど

脚の痙攣で痛がっている

 

歯医者行く前に

風呂に行きてえくらい気持ち悪いわ

 

今日はご苦労さん

おふくろは割といい状態

今のうちに寝るわ

 

今日、夕方、熱37,5以上

また解熱剤で気分は良いみたいで

咳も落ち着く

また明日

 

・・・

 

昨年11月末の大風邪の時だな

あれがきっかけで

おふくろをグループホーム

追いやった、、いや

入れた、、

入ってもらった

 

熱があって、

咳や痰もひどく

ショートは受け入れてくれず

 

2週間、泊まり込んで見守ったが

何故か、それまでの中途半端な日々よりも

母の機嫌が良かった

咳が苦しそうだったが

よく笑った

 

トイレが間に合わず

「〇〇~

ごめんよう~~」

と、

眉を寄せて謝った

が、、

何故か俺も

 

慣れもあったし、、

そんなときも

笑っていた

 

俺の身体は

寝不足から消耗していたが、

何故か、

明るい介護の日々だった

 

 

・・・

 

思う事はいろいろだ

 

そして、グループホームに入って

今、4か月を過ぎる

母の呆け具合は

進んでいる

 

どうやったって進んだことには

違いないだろうが

 

母が大風邪をひいてからの

この数カ月間

 

大きな悔いの日々になるに違いない

 

そうするしかなかったとしても

おおきな悔いだ

 

しかたねえや

 

母ちゃんも

俺のしたことなら

許してくれる

 

明日、面会で

また、笑わせてやろう

 

簡単だ

、、

いつも同じたぐいのギャグで

笑ってくれる

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

おめさん、、頭、だいじょうぶ?

 

 

 

と、母に言われてるようだ

 

 

 

今は誰も居ない母宅は

俺の住まいから

車で30分以内のところにあるが

 

母がグループホームに入ると

自然と脚が向かなくなる

少し遠回りをすれば寄れるのだが

 

出来れば寄りたくない

 

冬は冬で凍結の心配で、、しかし

不凍栓など、その用を足してしまえば

冬は冷蔵庫になったように

ある意味安心なんだが

 

暖かくなると

虫は動きだすし

腐る物もある

 

とにかく、郵便物が溜まる

もう3週くらい行ってないから

 

20分ほど時間をつくって

寄ってみた

 

とりあえず、くもの巣もはらず

きれいな状態の部屋だったが

 

なんとも言えぬ感情が・・・

 

母の声が聞こえてきそうな

 

「おめさん、、ちょっと疲れた顔してない?

どう、こっちへおいで、

肩もんでやるわ」

 

・・・

力は入ってないが、

うまくツボにはまって、揉んでくれたな

 

 

そういえば一昨日

面会に行ったとき、、

 

「ちょっとおめさん、、

冷たい手だねーーー!

どっか、ぐあいわるいんじゃねえ??」

と心配してたな

 

 

水道は水を抜いてあるので

出ない

トイレも水を抜いて、使えない

もう凍結も心配ないだろう

 

だけど、

おふくろが来るのか?

 

椅子に座りたくなかった

 

いろいろ考えるのが嫌だった

 

もう、あの頃のおふくろは帰ってこない

 

何も考えないようにして

郵便物をまとめ

 

ナイスデイ(家の中で歩くやつ)を車に押し込み

 

母宅を後にした

 

後ろから

おめさん、、、

という声が・・・

 

 

 

 

 

するわけねえじゃねえか

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

俺のおふくろは凄いのか?

 

 

 

「あのさ~

ここってさ~

あの、、私のもんでね?

私がさ、、あの婆ちゃん達に

貸してやっているんだに、さあ~

 

とっても憎らしいこと言う

婆ちゃんがいるだぞ~

 

私が貸してやってる、、」・・・

 

「ちょっと、ちょっと」

 

「おふくろ~

いや、この部屋はなっ

借りてるから、

おふくろの部屋だけどな

・・・

この建物全部はな、、

」・・・

 

 

昨日の面会も

無事に終わった・・・

 

とも言える

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村