日曜日って普通はうれしいもんだよな?

 

 

昼前までに母の部屋の温度が

29度まで上がった

 

古い家だから、

天井から、

隣の部屋から

窓の外から、

熱の攻撃で、

クーラーMAXでも

余裕がない

 

昼ころ自宅に帰って

夕方まで休んだ

 

明日は

最近行きたがらないデイサービス

母と話をしていると、

段々、母を嫌いになってくる

 

認知症になってから

業というか、、、

人を疑ったり、、

妄想だと思うが、、

なんでも悪くとらまえるようなところがある

俺に対してではないが、

それに、直接人に言うことも

今のところ無いようだが

俺に話しをするときに

けっこう、醜い事を口にする

 

デイサービスにしても

ショートステイにしても

行きたくないようなのだが、

俺の為に行っているようだ

 

施設の様子を話すとき

本当に、嫌な見方をしている

 

母に対しては情があるから

母の孝行息子として接しているが

嫌な人間だな・・・と思う事が多い

、、多くなった

 

今夜はお米を炊いてみた

炊く時は0.5合

それでも無駄になるが

俺は食わんし

あと、ササギの味噌汁もつくる

俺は食わんが

 

花の水を変えるのも俺

花が好きだ好きだ~~

という割には

もう、自分で水なんて

絶対に替えない

 

情でもなきゃ

こんな母の面倒みねえな

 

あ~

また夜か

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

嫌な予想はいつも当たる、、台風も嫌なコースだが、予想通りだった

 

 

ショートから俺の自宅へ

わずか車で3分

母には近いのも遠いのも

言わなきゃわからない

 

妻が夕食をと言うので

お迎えして連れて行ったが

 

妻を前に、喋るわ喋るわ

しっかり喋らせてから

母宅に連れてきた

 

母宅に着くまで

自分の家のことを忘れていて

「私の家って何処の事だえ?

ほんなものあったっけ?」

などと、

充分に認知症の症状を見せてくれた

 

午前中に母の買い物をしてから

母宅に来て、

部屋の掃除をして、

冷房を入れ

庭を見降ろすと

 

 

サルスベリに花が

 

毎年咲くのだが

4日ほど来ないうちに

かなり咲いていた

 

母が大事にしていて

毎年枝を切らされていたのだが

・・・

母は来年もまた

このピンクの花を見られるのか?

 

今日のあの饒舌をみると

まだ何年も、、と思えるが

正直あまりうれしくはないな

 

長い夜のお出ましだ

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

蒸し暑く不快な日々が続いて、台風も気になるが、、

 

 

いつでも、ショートお迎えの前日

どちらかというと、憂鬱でもあるけど

 

お迎え日を書いた紙をポケットに

お迎えの時を待っている母を

気持ちよく迎えたいと思うが

 

夕方迎えに行く前に

部屋を掃除機をかけ、

冷房を入れ、

(俺は汗だくになるんだが・・)

 

空にしてある冷蔵庫に

買い物をして来た

母用の食品を入れる

 

と言っても、

ハッキリ言って

面倒なので、いつも同じものばかり

 

スイカ

和菓子

温泉たまご

カニちゃいまっせ(蒲鉾)

甘酒

フルーツゼリー

あと、お寿司とか、

 

それくらいしか、思いつかないし

母も食べることに執着しなくなって

訊いても

「何でもいい」

で終わってしまう

 

ショートから帰ってくる日に

買った食材の半分は

次のショートに行く日に

俺の自宅へ持っていくか、

廃棄処分になってしまう

 

今回も

土曜日の夕食

日曜日~火曜日の朝まで

まともに食べるのは

3食くらいか?

 

栄養のバランスが良いのは

月曜日のデイサービスの昼食くらいか

 

ショートステイから帰った夕方

最近は甘酒を飲み

スイカの2切、

ゼリーひとつ

くらいを食べて、お茶を飲み

30分もすると

疲れて、座ったまま

寝てしまう

 

そして、行くトイレが

アブナイ

 

よほど、施設での

気疲れがあるのか

最近はいつもすぐに寝てしまう

 

だから、その晩は

夕食は食べない

 

それでいいなら

俺はその分楽だからいいが

 

まあ、明日からそんな

3晩が始まる

 

とても楽しみで

憂鬱だ

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

はじめて爆睡したが、、、まだ全然足りん

 

 

昨日は一日寝ているような気分で

台無しという感じ

 

母のトイレの失敗も続いたが

大騒ぎするほどでもない

 

ズボン下が濡れたとか、

紙パンツが濡れたとか

 

座る前に、

出てしまったとか

 

だがね

 

座る前に出たって、床には

ペットシート敷いてあるし

 

紙パンツ替えたり

ズボン下やパジャマを

着替えたり

それを洗濯したり

 

塗らしたペットシート

ごみ袋に入れ

新たに敷いたり

 

最後に母を寝かせ

俺は手を洗い

寝る

 

1時間半か2時間後の

次のトイレで、起きて

 

何事もなければ

そのまま再度寝て

 

失敗があれば

それに対応する

 

結局、その間

1時間から2時間

眠れるかどうか?

 

失敗しようが

しなかろうが、

もうやることは慣れてるし

どうってことはない

 

昨日は朝までほとんど

眠れなかった

 

いろいろ考えることがあると

駄目だ

 

で、母がベッドから起きてくる5時ころ

このあたりから、

母は寝ぼけも解消してくるし、

俺も安心して

眠りに入れるわけだが

 

今度は母が寝かせてくれない

 

そのうち、俺の機嫌も悪く

言わなくてもいい言葉で

詰る

 

昨日もそんな流れで

ショートに送った

 

だから俺の気持ちもグレーで

さらに、、寝不足で

 

妻は、久しぶりに

自宅にかかわってくれる旦那が

帰ってきたから

ぐた~っとなってる

旦那が残念なんだろう

 

それは

母のせいになる

 

母がほろけて

目に余る親孝行の息子から

健康も

生気も奪っているから

 

気持ちもわかる

 

悪いとおもうが、

性分は治らない

 

そんな昨日は

散髪をしてきた

最近安いカットとかがあって

俺の数少ない友人ふたりとも

そんなカットらしい

ひとりは2000円だと、、

もうひとりは何と、

1000円カットだそうだ

・・・

俺は

4000円もするぞ

髪の量からしても

高すぎるか?

 

俺は50前から

薄くなってきて

前が段々後退してきた

最初は仕方なく

オールバックにして、

まあ、M禿げならば

いいだろう

などと、思っていたが

60を過ぎると

 

M

ハッキリしなくなってきた

 

理容室のにいさんは

「いや、まだまだ

渋くて、いけますよ!」

と、言ってくれるが

(おい!いつも同じセリフじゃねえか?)

立場上、そう言うわな

 

これから、女見つけて

青春するわけじゃねえから、

もう、頭なんか薄くったって

どうだって、いいし

 

夜、ババアのオシッコの

世話してる、

息子のジジイ・・・

ヤモリにビビッているジジイ・・・

この図を想像したとき、

 

もう、

4000円の散髪なんてやめて

1000円カットでいいか、、

 

だが、

まさか、

1000円カットで

「いや、まだまだ

渋くて、いけますよ!」

とは、言ってくれねえだろ

 

結局、

俺、言ってほしいのかね

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

こんにちは、、やもちゃん、、あなたの笑顔、、はいらない

 

 

朝になって、

母が妙に物わかりが良く

「私がデイに行かなきゃ

お前が大変だから、やっぱ行くわ

泊まりと同じで、役に立たなきゃな

お勤めだわ」

 

ものわかりが良すぎる

 

無事デイサービスを勤めて来た母は

先ほど、寝た

 

俺は緊張しながら

敷いた布団の上で

パソコンの前に胡坐をかいているが、、、

 

キーボードを叩きながら、、

目は、前にある壁や、

畳や、襖を、

キョロ、キョロ

 

な~~~~んでか ♪

古い!

 

一昨日の夜、、

母が寝て、、

俺が布団を敷いて、

パソコンの前に座って

しばらく

 

2mほど離れた

壁を

 

目を疑ったね、、俺は

 

トカゲさんが

チョロチョロ

壁を移動中

 

いくらなんでも、

いくら築63年でも、、

改築30年で、人が住んでる部屋だぞ?

 

優しい俺も、

焦った

どうやって?

追い払う?

 

近くにあった棒で

追いかけ回したが

追いかけてどうする?

何も決まってないまま、

追いかけたが、

食器棚の後ろに入り込んで、

行方がわからなくなった

 

わからないということは

居ると同じなんだよ

 

そこに居るんだよ、

裏をのぞいたが、

良く分からない

チョット脅してみたが、

反応もない

 

ハッキリ見えない

届かない場所、

そのうち、こちらへ出てくるのは

ハッキリ言って、

恐いわ

 

その夜はもう

眠れない、、と思った

 

その後ろに

爬虫類がいると思うと

眠れるわけがない

 

が、

 

何故か、いやな気持ちのまま

寝たよ

 

母はその大騒ぎの中、

鼾をかいて寝ていたので

その事を知らないでいる

 

知らないで良かった

黙っていよう

 

それから2日経った

今もそこに居るのか?

わからないという事は

 

居ると同じで

俺はいつも

身構えている

 

が、母のトイレに付き合いながら

眠れないが、

寝ている

 

で、調べたが、

 

ヤモリ

、だった

 

色も白く、

そうだった

 

家守でヤモリだとか?

苛めたり 傷つけないでくれ

と、書いてあった

 

なんか、少し

可愛くもなってきた

 

が、

気持ち悪い

俺は緊張している

 

いつも意識している

 

なんで俺が

こんな目に

神様も

俺をそんなにいじめなくても

 

そうも思う

 

出てくるなよ

(居ないかもしれないが)

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

俺は爬虫類は普通に嫌いなんだが、、挨拶もしたくないんだが

 

 

3週ぶりに

母の友人が電話をしてきて

11時頃来るというので、

安心して自宅へ帰った

 

が、帰る前

母は明日の予定を

何回も訊くのだが

 

「デイサービスだよ」

と言うと

「私は行きたくない

泊まりならいいけど、、」

もう10回以上

繰り返したんだろう

 

「行ってないお前に

私がどんな気持ちで行ってるか

わからない」

 

そりゃあ、そうだが

そういう言い方は

好きでない

(俺もするが・・)

 

もう、行かなくて良いよ

俺も疲れたわ

 

日中、3時間程

二人の友人が来て

話をしていったようだが

どうも、雲行きもおかしく

 

夕方、母の所に来てからも

機嫌が悪い

不穏だ

 

また明日の予定の繰り返し

俺は紙に書いて

母の前に置いた

 

数分して見ると

ゴミ箱に捨ててあった

 

抑えろ・・

 

明日はデイを中止、、

とにかく後退でなく

これを一歩前進にしなくては

 

抑えろ、、

顔も見たくねえ

 

早く、今夜をやりすごせ

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

久々に整形外科に連れて行ったが、、

 

 

大口を開けて、

死んだ人のような顔で寝た母は

 

今朝までに

5回ほど、トイレに起きたが

最後の3回は、

俺はもう眠くて、、

気が付いてはいたが、

起きれなかった

 

で、口だけで

「ちゃんと、下まで、

膝の下まで、降ろせよ~」

 

「そんなこと、

何度も言われなくても

わかってるわ!

赤ちゃんじゃあるまいし・・」

 

・・・

(赤ちゃんよりいけねえわ・・)

などと、夢うつつで、、

 

結局、失敗は無かった

 

で、7時半ころまでは

眠ることが出来たので、

いつもよりは睡眠はとれただろう

 

土曜日、、母は何もない

 

2か月ぶりかで、

整形外科の

ウォーターベッドをやりに

連れて行ってやった

 

以前は俺も腰の牽引などしていたが

診察を受ける時間がないので、

母のリハビリのみで

 

こういう人中も必要だろう

少しでも気が紛れれば

 

終わってから、

トイレの心配もあったが

もう少し大丈夫だと言うので

 

花を買いに

JAでやってる生産者直売所に行った

 

以前からよく行ったが

今日は、綺麗な花がたくさんあって

母も大喜びだ

だが、

選んでいる時、、

 

「トイレ・・」

 

俺がビクッとするようなことを言う

 

以前は無かったが、

トイレが店内に新しく出来ていて、

助かった

 

俺が女子トイレに入るわけにもいかず

ちょっと、

覗いたが・・・

いや、変な覗き方じゃねえよ

 

綺麗で、広いトイレで

母も無事、失敗なく出来た

ホッとしたわ

 

花も買えて、

リハビリも出来、

母を母宅に残し

俺は自宅へ

 

夕方までしばし

休憩

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

午後7時過ぎだが、このまま寝ちゃうの?

 

 

俺の母は

今、俺の横で

大口を開けて

寝ている

 

午後5時頃

ショートステイから帰り

「家はやっぱりいいな~~~」

といつものセリフを言って

 

甘酒を飲み

「おいしいね~~」

スイカを食べ、、

ようとしたところを

 

俺に、「着替えろ」

と言われ、一旦

上着を脱ぎ、下着になって

・・・

 

俺がトイレに行って

戻ってきたら

・・・

 

また、しっかり上着を着ていた

ズボンもまた穿いていた

(゜o゜)

 

油断ができねえ

目が離せねえ

 

また、脱がせて

着替えさせて

スイカを食べさせた

2切れ食べて

 

まだ、皮をガリガリ

やり始めたから

もう一切れ、、

えらく水分摂ったな~

 

ワッフルをひとつどうだ?」

で、ワッフルをお茶煎れて

また水分摂ったな~

 

俺は自分で自分の首を絞めてるのか?

どうせ、トイレは何度も起きるから

同じか?

 

それにしても、

えらい寝顔だ

 

何で?

寝てる時、普通、

口って開ける?

 

もう死んでる人みてえな顔で

 

前に、動画で撮って

見せてやったが

最初、

「誰だえ~

・・・

・・・え~?

私~~~?

嫌だよ~~

こんな顔で~」

 

ほんとにえらい顔だよう

脚はガニ股だし

えらいもんだわ

 

ここのところ

あまり目が離せなくなってきたので

土、日と大変だ

 

明日は整形外科

ウォーターベッドをやりに行く

それしか用事もない

 

日中、独りで大丈夫だろうか?

徘徊はもちろん心配だが、

トイレも賭けだし、

とても不安だ

 

しかし、

大口開けて

どんな夢をみてるんだろうな

 

・・・

ただ、ショートステイ

今の施設でしばらくは良さそうなんだが、

気になるのは

今日もそうだったが、

いつでも爺さんと一緒にいるんだな

同じ爺さんではないようだが、

 

まあ、こうなりゃ

行ってさえくれりゃあ

どうでもいいがね

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

いったい、俺は何が不満で、どうなりゃあ満足だって言うんでい?

 

 

母は認知症だが、歩ける

 

認知症でも自分で箸が持てるし

 

目で見て選んで食べれる

(家では選ぶほど種類がないが・・)

 

口も利くし

さらに冗談も言う

 

尿意便意もあれば

自分でトイレに行く

(夜中にたまに腰痛で起き上がれないこともあるが)

 

俺が腰が痛いと言えば

「揉んでやるか~?

腰を踏んでやるか~?」

と言うし

 

首を回してると

「肩揉んでやるか~?」

とも言う

 

朝食や夕食、、甘いもの

果物、飲み物

俺が、やれ飲め、やれ食え

と言うと、

必ず

「ありがと」

一口食べて

「おいしい!」

全部食べて

「御馳走様、ありがと」

と、その都度、

言ってくれるし

 

トイレの介助すると

と言っても、パジャマ降ろしだけだが、、

「ありがと」

そして、ベッドまで付き添ってやると

「ありがと、おやすみ

お前も早く寝なよう」

と、言ってくれるし

 

トイレで失敗して

床にボタボタ・・・

俺が怒りながら

床の掃除やら、下着やら

夜中にカリカリしてると

泣きながら

「ごめんよ~

おめえにこんなことさせて~

私はこんなになっちゃって、

死にたいよ~!」

と言って泣く

 

もう7か月も前から

母が自分の家に居るときは

俺が毎日泊ってるのに

「帰るとき、車、気を付けろよ~」

「なんで?俺は泊まっていくだぞ」

「え?

え~?

うれしいよお~!」

と言うし

 

オレオレ詐欺

ウリウリ0120とかの

電話が来ても

「え?え?

え~~~~?

聴こえねえだけど・・

私じゃ齢とってわからないもんでね~

息子じゃないとわからないもんでね~」

と、

話にならず

詐欺もウリウリも気の毒なほど

すぐに諦めてくれるし

 

ショートステイに迎えにいくと

セータの上に

ズボンを上げて穿いていたり

ジャンパーの上に

セータを着ていたり

スカーフを

給食の叔母さん被り

していたり

トイレがわからず

オシッコをゴミ箱に

しようとしたり、

 

家では

ゴミ箱にオシッコをしたり

 

俺の軽自動車に乗って

「あれ?

お前、いい車にしたねえ

いつ、こんな大きな車、、

買った~?」

と言ってくれるし

・・・

 

そんな母の介護の

いったい

何がそんなに大変で

嫌なんだ?

 

別に、嫌な事なんか

ないじゃないか

 

 

楽しく接して

笑って過ごせばいいじゃねえか?

 

充分

しあわせなんじゃ

ないのか?

 

 

 

答えが出ないので

今日はおひらき

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

携帯の音量絞ってヒヤヒヤの3泊4日は・・・出てこない、、才能ナシ

 

 

ショートステイに行く車の中で

母はわりと機嫌がよく

話の中で、

気の利いた冗談を言う

 

妻に言わせれば

あんなに呆けているのに

裏をかいたような

冗談だけは、

キレがいいわ

冗談だけは、、

と、、少し嫌味も滲ませているが

 

フロアに入ると

・・・
お~~

居た居た、、

 

救いの爺さんが3人も、、

しかも、一人の爺さんが

「お~

どこに行っちまったかと

思っていたわえ~」

 

この「いたわえ~」

というのは、方言だがね

 

ちょうど同じテーブルに

ひとつ席が空いていたから、

母はそこ座らされて

 

俺にしてみれば

シメシメだったな

 

本当は送迎してもらえればいいのだが、

デイサービスではしてもらってるんだが

何故か母は俺に送り迎えしろと言う

 

で、いつも紙切れに

お迎えの日を記入し

俺の名前を書いておく

 

それを見ては

職員さんに日時を確認して

俺を待ってるんだそうだ

 

いやだな~

そういうの

 

とりあえず、

金曜日まで、

電話が来ないことを

祈ろう

 

ここ2週続けて

帰宅願望電話攻撃を

受けてるからな

 

ヒヤヒヤだわえ~

方言です ↑

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村