おめめが塞がりそうで、続きが書けない、、

 

 

 

迎えに行った際、

職員さんに報告されたし、

 

お便り帳にも記されていたが、

 

夜、母は、、

失敗が多いらしい

 

家でも

たまに降ろし不足で

下着やパジャマを濡らすが

 

自分でトイレに行って

用を足すことは、

まだ、普通に出来る

 

ショートでは

少し前、簡易トイレを置く事に

不満を言っていたが

 

先週は、ショートで

夜、部屋のゴミ箱に

オシッコしたり

 

なんと、下が

スッポンポンのまま

トイレに行ったり

したらしい

 

ああああ

そんな風になってしまったかあ

 

紙が白く伸びてくると、

染めに行きたいと言うが

そんな洒落っ気の一方で

 

スッポンポン、とは・・・

 

まあ、夜、寝ボケてるんだろうがね

それにしても

認知症は、残酷だわ

 

昨晩は参った

 

いつものように、何度目かのトイレの際

下着を濡らした

 

それでも、丁度

俺は眠れなかったから

それを洗濯したし、

別に、いつものことだと

気にもしなかったが

 

次のトイレの時

排便もしたいらしく

そして、したいが、出ないらしく

それから、10分おきに

トイレに行き始めた

 

丁度、眠りにはいれた時だったので

別に母が悪いわけではなかったが

 

眠いところを

起こされた俺は

 

トイレで怒り

詰り、、

まあ、最近は無かったが

以前は度々だったな

 

どうせ、反省するのに

成長してねえな

 

母は

「そんなに、

怒らなくても、、

・・・

トイレに行きてえのは

しょうがねえじゃねえか?」

 

と、

そして、

トイレの中で

蚊が飛ぶような音で

・・泣いていた

 

そして、

ベッドにいっても

また、、

 

俺もまた夜中に落ち込んだが

 

でも、

ありがたいことに

 

母は朝には

全て忘れているんだな

 

これだけは、助かった

気が楽になった

 

認知症は残酷だ

 

が、今朝は認知症に助けられた

 

 

だけど、

結局、昨晩は

一睡も出来なかった

 

今夜が恐いわ

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

胃がね、重いんですよ、、食いすぎたから・・あずき

 

 

還暦を過ぎ、、

1日1日と日が過ぎる

 

そのスピードの速さは

例えようがない

 

すぐ終わりが来てしまうような

・・・そう思った時

 

母がいなくなるのは

何時なのか?

と、思った

 

 

 

物忘れ、、

 

また、母の薬が足りなくて

一昨日、病院に行き、

貴重な時間を費やし、

薬を調達した

 

それを昨日の朝

ショートの施設に届けたのだが、

 

送って行った時、

あの、馴染みの爺さんもいて

笑顔だった母だから

割と安心していた

 

薬をいつものように

受付でお願いして、

面会はせずに帰るつもりだった

 

だが、職員さんが、

今日、母から再三

息子さんに電話をしてくれと

頼まれているが、

なんとか、説得している最中だと・・

 

もし、それでもと

母が要望したら、

電話をしても良いか?

 

と、言われた

 

「もちろん、構いません、

それで、母が落ち着くなら、、」

 

「でも、今、会って直接話した方が良いなら、

そうしますが?」

 

「助かります、そうしてもらえますか?」

 

ということで、母に会ったのだが、

 

母は、他の多くの利用者さんと同じように

椅子に座り、

目の焦点は合わず・・

無表情で、

家に居るときのような

覇気もなく

 

職員さんに促されても

自分で起とうともせず

 

俺の顔を見て

 

やっと、表情が変わった

 

母のベッドの部屋に行って

30分ほど話をした

 

かなり、不安定で

俺の説得や冗談に

笑顔より先に

(´;ω;`)、、こんなふうに

泣き、、

笑う前に

泣き、、

 

良かったよう、、

来てくれて、、

どうなるかと思ったわ~」

と言って、泣き

 

それでも、

連れて帰るわけにもいかず、

なんとか、

30分かけて

納得してもらったが、

 

どうして、自分が

ここに居なきゃならないか、、

 

自分で大概のことは

出来ると思ってるし

散歩しても

家に帰れなくなる、、なんて

思ってないし

 

何故、自分の家に居られないのか?

半分は納得してないようだ、、

 

無理もないけど

 

そういえば、

馴染みの爺さんの姿が

やっぱり、なかった

 

これじゃ、困っちゃうね

爺さん頼りじゃな

 

とにかく、

そこで母の不安も一旦治まったが、

 

土曜日夕方まで

 

俺も心が重い・・

 

 

明日は母宅の掃除をして、、

買い物をして、

ショートの愚痴を訊いて、

寝かせて、

トイレのたびに起きて

トイレまで連れてって

・・・

夜中じゅう、ウトウトで

朝方、やっと少しだけ熟睡して、

日中、ボーっとしてる

そんな、日々がくるのだが、

 

それでも、負けず

母に尽くし、

妻に嫌味を言われ、

ブログホラを書き、

残り火もなく

決して目立たず

知らぬ間に

居なくなる

 

そんな、人間に

 

私は、なりた・・・くない

 

却下

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

豊○前議員、提案があります。

 

 

 

母がショートに行っているので

少し、他の事も考えるようになったが、

ちまたは選挙一色、、

でもないか?

 

選挙といえば、

 

あの、

 

「このハゲー!」

 

で、びっくり😲した、

あの方も、また出るんでしょ?

 

私も母の認知症

翻弄されている中、、

 

眠れない、母宅での夜に

テレビで、あの方の

勇ましい、音声テープを訊き

 

大きな衝撃を受けたことを思い出します、、

 

その後、、

ワイドショーに謝罪で出ていらっしゃったとき、

その風貌に、またまた衝撃を受けました

 

衝撃的な音声テープのころのあの逆ハの字の眉

ハの字になっているじゃないですか?!

 

いや、八の字じゃなく

真っすぐ

 

(ーー)

 

だったかもしれない、、

 

ですが、そのイメージの変わりように

真っすぐが

八の字に見えたのかもしれない

 

とても、反省していらっしゃいましましましました、、。

思わず、

もらい泣きした人も、

いらっしゃったんじゃないかと、、

 

は、思いませんが

とにかく、

 

笑えました

<m(__)m>

 

でもね、

あの方がまた出馬したらしいのですが、

どうなんでしょう?

当選なさるんでしょうか?

 

私は、

当選は難しいんじゃないかと思います、

・・・

ただし、

今のままでは・・。

 

私を選挙参謀に

いかがでしょうか、、〇田さん!

 

貴女を当選させてみせますよ、、

 

 

ここだけの話ですがね、

 

短期戦の選挙

何をやってもとにかく当選しちゃえばいいんですよ

 

とにかく、勝つ

 

あとは任期中

たっけー、、給料もらってりゃ

仕事してるフリだけしてりゃ

いいんですよ

 

みんなそうでしょう?

政治家なんて

 

特別に選挙に勝つ方法

さわりだけ

無料でお教えします

 

 

どうでしょう

 

まず、

右の眉毛を縦にしては?

 

 

ここで、

マスコミは大騒ぎします、、

 

ほら、

みんなバカですから

 

喜ぶんですよ、、!

 

しばらく、様子を見ます、、2日くらいね

 

で、放送回数が少し減ったらね

 

 

今度は、左の眉も縦にするんです

 

 

これは、専門的になりますが、

選挙用語で、

 

両縦(りょうだて)

 

と言います

 

強力です。

 

リスクはありますが、

リスクとリターンは比例しますので、

選挙には必須になります。

 

え?

バカみたいでふざけてる?

 

 

あんた、ハゲーとか、でちゅか?とか

もっとふざけて恥ずかしいこと、ヤッちゃったじゃないですか

 

あれにくらべりゃ

眉毛、縦にするくらい

小さなことなんです

 

 

もう一つ

チャンスなんです

あなた、

ピンチはチャンスって言葉

知ってますか?

 

全国のハゲを味方につけるんですよ

 

 

でも、全国のハゲを敵にまわしてしまったんじゃないかって?

 

ふ、ふ

普通はそう思うわな

 

だからそこを逆手に取るんですよ

 

物事、全て、裏に真有り、という

ことわざがあるじゃないですか

(ほんとか?あるのか?)

 

 

まず、

選挙演説で、

 

もっとハゲー連呼して、

なじるんです

 

でちゅか?も織り交ぜ、

徹底的にやるんです

 

また、大きな反感を呼ぶでしょう

 

でもね、マスコミの捉え方は

以前と違います

 

考えてもみてください

あの時とは

大きく違うことがあるんです

 

それは、

 

それは、

 

それは

 

 

眉毛が両縦

 

なんです。

 

明らかに、

可笑しいですから、、

(もともと、可笑しいですけど・・)

 

マスコミの反応も、

マジで怒っていません

 

三分の一は

お笑いが入っています、

批判も鈍ります

バラエティー扱いです

(もともとそうだけど、、)

 

さらに、ハゲ―と連呼した貴女は

ハゲの反発を受けるでしょう

 

ハゲの多くは

団塊の世代です

人口が多いです

しかも、有権者としての

割合もとても大きいのです

 

その、団塊の世代

ハゲの方々の皆様方の

反感を買った貴女が

何故、チャンスなのか?

 

私の選挙参謀のプロとしての

能力に驚かないでくださいね

 

ここに一つの統計があります

 

2014年度の厚生省の発表によりますと、

 

ハゲの方のうち、、

M(エム)

の方が、なんと36.4%

おいでになるそうです。

 

その36.4%の方々は、、

貴女に

ハゲ―!、、でちゅか?

などと、なじられて、

ググっと心を刺激されて

いるんじゃ、

ないで、しょ、うか・・??

 

いや、そうに違いありません

 

面倒な投票にも、

洗脳されたように、

足を運び、

貴女に清き一票を

ウットリした目で

入れることでしょう

(気が知れんわ)

 

 

ハゲ63.6%の方の支持は

最初から捨てて

 

その神々しき

の方の支持を得られることになります。

しかも

これは、生理学的な話にもなりますが、

 

このMの方というのは

 

投票率において、

Sの方の6.7倍にあたるそうなんです

(2013年度厚生省・・・)

 

しかし、投票率の低い中、

この投票率の高い支持層は

非常に大きな味方となります

 

さあ、

豊〇さん、

 

私を雇ってみませんか?

 

 

・・・

 

ところで、

〇尾さん、、

 

その後、いかがでしょうか?

順調でしょうか?

 

なんなら、相談にのります、、

 

秘策は無限にあります

 

例えば

政策秘書さんには

女装をさせる、、とか

初歩的なミスを防ぐ手立てを

早めにとる事をお勧めしますよ

 

お安くしときます

今、母がショート

少しだけ時間に余裕がありますから・・

 

 

それにしても、

ここまで、読み進んだ、あなたって・・

 

、、、

、、、

 

(^-^; 申し訳なし

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

さあ、寝るか、、明日起きたら別人になってると、いいな~

 

 

 

 

選挙のハガキがきた

 

テレビリアルタイムであまり観ないが、

それでも、ネットや何かで

最初にニュースの一覧に出てるから

わかっていたが

 

新聞をみたら

俺の地域の

小選挙区の候補者は3人のようだ

 

そのうち2人は

顔がわかるが、

一人は

初めて見る顔だ

 

希望の党」の人のようだ

 

って、どういう党?

 

ネットニュースも、

中まで読まないから

 

つまり、小池百合子都知事と、

民進がくっついて

作ったんだな

 

・・・

 

で、、?

 

俺は必ず選挙は行く

 

どうして必ず行くのか?

 

それは、妻が

どうしても行け

と言うからだ

 

俺が行きたい訳じゃない

要らぬ夫婦喧嘩を避けたいからだ

 

妻は異常に堅い人間のところがある

ところがある・・・

殆どは堅くないが、

とりあえず選挙は、、堅いらしい

 

選挙に行くと言っても

必ず

期日前投票

 

好きな時にいけるからね

 

候補者名を書いている時

いつも、立会人?で座ってる人たちの

目線を気にする

 

何故か、皆、俺のところを

覗いてるんじゃねえか?

と思ったりしてる

 

お役目で仕方なく座ってる人が

殆どだろうから、覗いてるわけじゃねえだろうが、

それに、覗ける(見える)わけねえのに

 

何故か、身体で隠すようにして、

コソコソと書く

 

漢字に自信がねえから

候補者名を見ながらね

 

それに、投票箱に入れる時

この時が

 

緊張するね~~

 

立会人が

もっと近くで見てるからねえ

 

意地でも、見せねえぞ

と、気合を入れて

 

二つ折りにした

投票用紙

さらに

手首で隠して

 

絶対見えねえように

角度を変えて

入れるからね

(そこまでしなくても・・・

ヘンな性格!)

 

まあ、投票なんで

それくらいしか、

楽しみねえもん

 

 

 

母はもう3,4年

選挙に行ってない

今回も、ハガキは見せるが

・・・

母の知らないうちに

投票日は過ぎていて

母自身、すっかり忘れてる

 

連れて行ったって

困るよなあ

 

何していいかも

誰をどう書きゃいいかも

わからんだろう

 

それにしても、

ネタなしで

あてずっぽうに書いたが

 

 

ここだけの話だが

 

以前、いつだったか

もう覚えていないが

 

ここだけの話

 

・・・

・・・

・・・

(ネタなしで引っ張てるのだ)

 

投票用紙

書いたことあるんだよ

 

 

「俺」

って

 

 

俺だけじゃねえよな?

 

きっと、いるんだよな?

 

ふざけた人

 

いい歳して

いけないよ、、

ちゃんと書かなきゃ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

温泉に行ったが、露天風呂でまたメスの蚊にケツ食われたわ!

 

 

いや~

他の人も喰われたからね

昨日から暑いからね

 

だが、不思議と、

他に喰われた人

 

・・・

 

いい男だったんだよ

 

・・・

 

( 一一)、、却下!

 

 

 

最近、自分のことも

心配になっている

 

特に、母をショートに送ってから

当日、その次の日あたり

 

睡眠不足が続いた後で、

頭がボーっとしてるんだろう

 

先週は、2度同じことがあった

 

車で走行中

踏切で一旦停止をした

 

・・・

・・・

 

・・・

・・・

・・・

・・・

 

・・・ばかりで

申し訳なし

 

そう、ボーっとして

信号がないのに

 

信号待ち

を、してるのだわ

 

たまりかねた、

後続車のどなたかが

クラクションを鳴らした

 

いや~、、ごめんね!

 

 

ところがね、

次の日

 

全然違うところだけど

 

そこは

あまり車の走らない道

 

踏切があった

 

一旦停止

・・・

 

はい、

ズーっと停止

 

ボーっとして

何か考えていたんだろう

 

で、車が来ないから

すーっと止まってる

 

少し時間が過ぎると

 

意識の中で、

あれ?

 

と、気が付くのだが

 

これって

ヤバくないか?

 

最近、妻に

「ちょっと、今言った事、訊いてた、、?」

と言われることが

しょっちゅうだ

 

ズー―と、喋りっぱなしの人の言う事なんか

ちゃんと訊いてるわけねえじゃねえか

 

と思っているが、

 

確かに、そう言われることが

多くなった

 

それに、俺が

妻に向かって

「おい!

おふくろ!

ゴミの日、いつだ?」

 

と、言ったときは

 

かなり怒ったな

 

いや、これは実は

ゴミの日いつだ?

の、”ゴミの” 辺りで

もう間違えたのに気が付いているんだがね、、

 

(俺もマメだねえ)

 

とにかく

俺もこのところ

母の介護で、やられて

自分がかなり弱ってきた

 

特に頭がね

 

妻とのすれ違いも多くなった

 

そのうち、わかんねえな?

 

ほんと、わかんねえぞ?

 

熟年離婚

熟年はもう過ぎたかもしれねえが、

 

老年離婚もあるかもしれねえな

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

髪染め希望の老婆を恥ずかしいと思いつつ予約をとって連れて行った還暦過ぎの孝行息子の俺

 

 

日曜日、

母を美容室に連れて行った

母のご要望に応えたわけだが、

 

どうも、母の顔色も冴えない

 

母は朝、8時まで寝ていた

いつもは6時頃には起きて、

5時過ぎに熟睡に入る俺を

残酷に起こすのだが・・

 

土曜日はショートの気疲れもあって

午後7時には寝た

 

その後、5回ほど起きたが、、

いつもにも増して

疲れていたのか

ふと、8時に俺が目覚めたときに

まだ寝ていた

 

9時予約の美容室だから

出掛けるまでに

人の10倍の時間が掛かるので

もう起きないと、、

 

しかし、寝息の気配がない

 

母はいつでも

夜中イビキと凄い寝息をたてている

 

それが、静かだ・・

 

そこに、、

 

ベッドルームに

居るんだろうな?

 

覗いてみると

 

居る

 

が、、静かだ

 

・・・

え?

 

え?

 

も、、もしかして

 

近寄ってみた

動いているか?

 

止まってる

 

スーッと

血の気が引いた

 

以前もこんなことがあった

 

でも

まさか

 

肩をゆすった、

 

動かない

 

一瞬、いろんなことが

頭をよぎる、、

ほんの0.何秒のうちに

ホントに、たくさんの情景が

頭をよぎった

 

あんなことも・・・

俺は喪服を着ていた・・

 

 

もう一度

 

 

・・・ ホッとした

・・・ガックリした

 

 

良かった、無事で、、

まだ、介護が続くのか、、

 

 

動かない母を見て

 

心配

期待

交錯した

 

どうだろう?

心配

期待

といったところか

 

長生きしてくれ・・・8

そろそろどうだえ?・・・2

という、答えが出ました

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

母宅で寝てると、腰が痛くてね、、もうたまらんわ!

 

 

 

数日前、友人との

飲み会をした

 

と言っても、俺には

友人が2人しか残っていない

 

死んだ友人も居るが

 

中年以降、

独り遊びが好きになったせいか

遊び友逹とは

徐々に付き合いがなくなっていったし、

 

残った2人は、

奇跡のようなものか

 

3人とも片親が残り

介護の真っ最中で、

要介護も2と3

 

どうも、夜中の介護などは

やっぱり俺がいちばん大変のようだが

 

それでも、言っても忘れるから

紙に書いて

でっかく貼って置くとか

同じような工夫をしているようだ

 

2年前、、

3人で旅行に行った

2泊3日、、

四国、姫路城、、、

 

バス旅行だったので、

頻尿の俺としては心配だったが、、

 

ビールを控えめに、、

ウイスキーをチビチビと

出発の朝からず~と飲み通しだったが

 

友人の家に集合した時、、

90歳のオヤジが出てきて

「おい!オメー達

これで、のんでこいや、、」

と言って

俺に2万円寄こした

 

遠慮するフリはしたが、、

早めに内ポケットに

ありがたく・・

 

俺たちは皆、還暦過ぎだったが

90の親父からみれば

息子たちみたいなものらしく

(あっ、ホントに息子だが・・)

 

20代のころから、

その親父の家でのんでいたから

親父の武勇伝をいつも訊いていた、、

ゼロ戦に乗っていたというのが自慢で

 

息子(友人)は

「ホラだ、ホラ!」

と、いつもバカにしていたが

 

 

その親父も

今は落ち着いているが、

 

デイサービスで興奮して

・・・・・ したり

 

いろんな

武勇伝があって

友人はその都度

大変な思いをしていたようだ

 

みんな、それぞれ

俺だけじゃなく

知らないところで

大変な介護をしているんだな

 

友人という近いところでも

知らないことが多い

 

さて、やっと母が寝てくれた

 

なかなか寝てくれないので

俺もキレかかっていたが、

なんとか

治まった

 

さて、冷凍庫

キンキンに冷えたビール

晩御飯だわ

 

母が起きてこない事を

祈りながら

 

ビクビクしながら、

くってやら~

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

古い家で認知症の婆さんと一緒の、長い夜が来た、、あんた!耐えられる?

 

 

 

そこに寝てるのは

 

髪の毛の分け目が

2センチくらい

白くなった

髪を染めてる

老婆だよ?

 

夜中・・

気が付いたら

そこに

立ってる事だって

・・あるんだよ?

 

 

 

いや、そろそろ

母の今後について

・・・

というか、いつでもそれって

考えているわ

 

しかし、妻からはいつでも

急かされているしな

 

今からちょっと前

1か月前

その感じがず~~と続いたら

俺としてはそれでも良かっ

 

 

だが、今のショートにはいつまでも

今のように居られそうになく

少しずつ居辛くなってきた

 

花の件は、

母に夕方お迎えの後の伝えて

さほどガッカリもせず

納得してもらったが、、

 

お迎えの後、

近くの俺の自宅へ寄って

妻に夕食を食べさせてもらい

母はとても喜んでいた

 

連れていくと

いつも悪がって、、

居心地が悪そうだが、、

何も食べれないと言うが、、

 

食べ出すと、、

気持ちよく、全部食べる

「美味しい美味しい」

を連発しながら

少し、俺の分も食べた

 

「箸の持ち方がいい!」

などと、妻に言われながら

 

ただ、

「毎日、まずいもんばっか

食べていたからな~、、

はっは」

・・・

は、余計だったな

 

母宅について、

着替えて

 

7時・・・寝た

 

気疲れしたから、

ぐっすり眠れるだろう

 

だが、これだけ早く寝ると

何度も起きるが、

それでも朝方

俺が熟睡してるときに

しっかり起きて

 

俺を起こすのだろう

 

「おい!、もう朝だぞ

私は今日、何処へ行くだえ?

どうすりゃいいだえ?」

などと、言って起こすんだろう

 

今日は日曜日です

 

の紙は効き目があるんだろうか?

 

あっても

ダメだと思う

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

雨が小粒の真珠なら、拾いまくるぜ!

 

 

 

はな、、

持ってこないでください

 

と、帰り際に

言われた、、

 

理由は、いろいろ言っていたが・・・

実際は、、ちがうところのようで、

 

伸びきった

俺のテンションは、

伸びたまま・・

 

母はやっかいな利用者、、

 

妻なんかは

最近、それを堂々と言うね

 

悪意を持ってるわけではないが、

俺の弱った隙をついて

 

今まで口にはしなかったことも

少しずつ言ってくる

 

 

花が好きで持っていくのはいいが、、

 

水を替えたり、、

率先してやるらしい

 

母の口から訊いて

何かね、嫌な雰囲気を感じていた

 

「持っていったら、職員さんに渡して、

、、あとは任せろよ?

自分が持ってきた花だから、、と

口を出すと、嫌われるからな・・」

 

「あたりまえじゃん、、

そんな口を出すとかしないよ、、」

・・・

 

そのときはそう言うだけなのが、、

分かる

 

それで、ショートから戻ると

自分が水をやることなど、、

花にかかわる行動の

話を訊いていると、

、、、

 

やりずれえ利用者だな、、

俺が感じるくらいだから、

現場の職員さんは、

さらに、だろう

 

こういうことになることは

ある程度、母の言動から

母の言動が事実なら

想像が出来たので

心配していた

 

俺は予知能力があるかもしれない

しかも悪いほうにだけは

予知能力が有効らしい

 

これを何かに生かすことを

考えよう

 

前向きに考えよう

 

向き不向きより前向き

 

それにしても、

そんなに悪い人間じゃなかったと

思うんだが、、おふくろ

 

何か、ズレてるか

 

気遣いとか

場の空気とか、

わかんなくなったんだな、

もう、歳と認知症だからな

 

明日、帰ってくる母に

なんと言えばいいか、、

 

花を持っていくことが、

生きがい(は、オーバーだが)のようで

母宅に居る間は、

花はどうする、

持っていく花はどうする

それくらいしか、

考えることがないようだし、、

 

行ってもらわないと

困るし

 

来週、行くまでのことが

頭が痛い

 

来週の入所日、どうなってるか

 

予知でもするかね?

(悪いほうの・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

介護三人老人が外飲みしてもつまらなかった

 

 

 

これは認知症の症状で

当たり前の事なんだろうが、

 

同じことを何度も言う

 

母は朝起きると、

「今日はどうするだえ~?

・・私は、、」

と、必ず言う

 

俺が答えて、

10分もすると

 

また同じことを訊く

病気としては当たり前だし

理解もしていて

 

その上でも

頭にくるんだな

 

機嫌が悪いときなど

同じことを2度言われただけで

母に怒ったり

嫌味を言ったりしてしまう

 

そんなことを

もう何年も続けたんだろうと、、

進歩のない自分を反省して

 

最近は、紙に大きく

「明日は日曜日」

「今日は日曜日」

「俺は仕事で出かけているが夕方には帰る、、

などと書き

母の座る前に置いておく

 

最近、力が入らない

気が入らない

手を抜くことが多くなって

薬なんか、忘れていることが多く

便秘薬など2日連続で飲ますの忘れた

 

3日間くらい出てないようだったが、

本人が元気ならいいわ

 

でも、そう思っていた昨日の朝方

普通に出ていた

どうして分かったか?

 

そのとき俺は寝ていたが

 

母はオシッコのときは

トイレの中のロータンクの水で

手を洗うだけで、、、

めでたくが出たときは

 

洗面所の手洗いで

温水で手を洗う

 

「おしりセレブ」も使うようだ

認知症だが

珍しく、それは俺が買ってきたときの

説明を覚えていて

使ってるようだ

 

それでも昨日の朝も

寝不足で、やっとの思いで起きた

 

なんとか、ショートに送ったが、、

 

ホッとして、施設の玄関まできたとき

 

職員さんが追いかけてきて

「ちょっとお願いがあるんですけど、、、」

 

それから

また、俺のテンション

低いところから

 

低いところへ

 

どんどん移動した

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村