連れて帰ってくれ!と今日もせがまれた


 

 

 

 

大晦日に、

を外出で我が家に連れて来た

 

午前中に連れてきて

お昼を一緒に食べて

夕方、GHに戻る予定で、、

 

何日も前から緊張していた、、

 

 

一昨年は年越しで泊まり、

元旦「うん」がついた

 

古い話で申し訳ないが、、、

 

 

昨年は元旦

GHから外出で我が家に来て、

夕方、ドキドキしながらGHに送り

事なきえた

 

だが、、

 

ブログ休止中

お盆、、

 

まだ記憶に新しいね、、

 

俺の中では昨日の事の様だ

 

息子の家族が遠路遥々、

2泊で来た

 

だから、俺としては

母にに曾孫を会わせようと

渋る妻(ひどい奴だ)、、に気を遣いながら

母を連れて来た

 

正月のように、昼前に連れてきて

昼を一緒に、

賑やかに食べて

夕方、気を遣いながら

GHへ送る

 

イメージは出来ていたが、

妻も緊張しているようであった

 

その頃、面会に行く度に確認する記録帳に

 

失敗の様子が

多くなっていたしね

 

母は曾孫のことも

最初、忘れていて

「かわい~~ねえ」

などと、

よその子のように接していた

 

息子夫婦も

少々、唖然としていたようだ

かろうじて、俺の息子(孫)は覚えていたようだが、

いや、本当は忘れていたかもしれないし、

孫の嫁のことは、完全に忘れていた

 

昼食後、

母が2度目?の

トイレに行った

 

もちろん、俺が付き添って

多少、緊張していたが、

 

トイレの中で、

「ほれ、ちゃんと、

もっと下まで、

もっと、下~だよ!」

と、

全部、俺が下げて

え~?、そんなに下げなんでも」

と言う母を、、さえぎって

「まだ、我慢だぞ、

まだ、まだ、、、

まだだぞ!!!」

 

しっかり下げて、

ギリギリに、前に座りたがる母を

 

無理やり、真ん中に座らせ

 

俺は安堵したよ

 

これで大丈夫

 

さすがに、トイレのドアは

閉めてやろうね

 

外で、気配でわかるから

 

と油断した

 

もうわかるね

どうなったか、、、

 

だから、もう書かなくてもいいんだけどね、

 

 

「あれ?、ちょっと、

中、見なくていい??」

と、

仁王様のように

眉間にシワを二本つくったが言った

 

俺が、

トイレのドアを開け入ると

母はズボンを上げていた

 

「おう、いい、いい

俺が上げてやるわ、、」

「出来るわ、自分で、、

そうか、わりいな!」

 

年老いた母と、親孝行息子

愛情溢れる

美しい会話だ

 

ズボン上げようとして、

あれ?

 

・・

 

ほんとに

俺の眼が

・・

⇑ のようになっただよ

 

母の足元に

なにやら、こんな色の、

かりんとうを、太くしたような

 

コロン、、と、置いてある

 

もう、大騒ぎでね

 

踏むな、、動くな

足上げろ

足降ろすな、

座るな、、動くな

・・・お~~~い!!!

 

・・飛んで来たね

待っていたかのように、、

🎶あなたは、稲妻のように~~

 

仁王様が飛んできました、、

 

仁王様は、怖いが、、

ほら、人目(身内だが)もあるから

 

「私がやるから、

いいから、、とにかく、まかせて、、」

と、

手柄は自分ひとりで、、、という勢いで

 

全部、やってくれました

いや、ほんとうに感謝してるんだがね

 

 

だから、この年末年始

連れてこようか、

どうしようか

 

妻への遠慮もあり

どうしようか

迷ったんだな

 

だが、俺としては、

GHにも訊いたのだが、、

あまり帰る利用者さんはいないと、、、

ほとんどいない、、と

 

これでいいのか

 

俺は、一時でも

外出させてやろう、、、

いつも、

退屈だ~~退屈だ~~

と、言っているし、

俺が行くたび

「このまま連れてかえってくれや~」

と、せがまれるし

 

で、大晦日に外出で

俺の家で昼食をすることにした

 

妻は一瞬!

え?

という顔をしたがね

 

で、今回はどうだったか

 

実は、

お時間が参りました

 

m(__)m

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

連れて帰ってくれ!と今日もせがまれた」への4件のフィードバック

  1. お二人とも?元気で安心しました。
    どうしていらっしゃるか?と気になっていましたので。
    相変わらず親孝行をなさってますね。どんなことがあっても、
    どんな苦行でも、精一杯お母様に付き合ってやってくださいね。
    なんて、無責任なことを言うようですがそれが、自分の為ではないかと。

    私の主人は、昨年の8月 誤嚥性肺炎を3回も4回も発症して最後は
    飢えたまま旅立ちました。
    初めは食べ物の要求ばかり、そして徐々に弱って枯れ木になって逝きま
    した。認知症が進んで時には自分でも虐待じゃないかと反省するときも
    ありましたが看取りに入ってからの辛い日々は地獄でした。
    でも、最後の一息まで、私一人で見守って送って、今は想い出せば
    涙ですが、後悔はありません。出来ることは精一杯したので。

    ですから、アナタもイロイロあるでしょうが、思うだけの事は精一杯
    してあげてくださいね。ご自分の為に。
    必ずその時はくるのです。思い残すことがないように・・・
    済みませんね、厚かましくごめんなさい。
    今年も前向きで頑張ってください。

    • かあさん様、コメントありがとうございます。
      ご主人様お亡くなりになられたんですね。
      心からお悔やみ申し上げます。
      大変な介護、お看取りの日々、本当にご苦労様でした。
      久々にブログも拝見させていただきました。
      母に施設に行ってもらった分、憂鬱な気持ちで忙しく仕事に向かっていますが、
      今は仕方ないと、自分に言い聞かせ ています。
      また、あの在宅通い介護に戻れるかと言えば、無理なことですから、、
      後悔のないよう母と接していきたいと思っております。
      今後とも、よろしくお願いいたします。

  2. 生きていれば良いんですよね(笑)
    昨年は四月に父の弟【叔父】、10月は父の従兄弟が亡くなりました

    叔父はマレットゴルフの大会に参加するためにデカケタホテルで、従兄弟はホ―ムで朝食のあと車イスにかけたまま亡くなりました
    朝食を食べたあとだったのでスタッフさんもビックリ、アングリでした

    ぴんぴんコロリってホントに有るんですね

    • ゆうこ様、コメントありがとうございます。
      元気で長生き、、がいいですね。
      自分の最後はゆうこさんの御親戚の方々のようにありたい、と思います・・・
      母も認知症でさえなければ、、などと叶わぬ想いをいつも思ってしまいます。
      今後ともよろしくお願いいたします。

ゆうこ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です