実感、、老人の数は物凄い事になっているんだなあ

 

 

腰が痛くて、

ベッドからトイレに着くまで

腰が伸び切らない

 

朝が特にダメで

腰を曲げて歩いている自分が

もう、お爺さんの姿だと気付いた

 

徐々に

あちらの世界が近づいているんだな

と、思った

 

昨日は休日で

お昼前から妻と温泉に行った

 

温泉で

腰を伸ばさなければ・・

 

車で1時間半かけて、

初めていく大きな温泉施設だったが

 

駐車場は一杯

・・・まるで日曜日の感じ

 

中に入ると

休憩室など、人で一杯だ

 

平日だよな?

 

風呂に行くと、

人はまばらなのだが、、、

 

ひと入りして、

上がって、妻が・・・

 

「具合が悪くなる、、」

 

訊けば

周りは老人ばかりで、

エネルギーを抜かれたんだそうだ

 

そうか、老人には

エネルギーを抜かれるのか?

 

まあ、妻の相変わらずの

ジョークなのだが、、

 

休憩室で一服していると、

確かに、満席の人を見ていると

 

90%以上が70歳以上だろう

 

よく見ると

本当にすごい、

壮観な眺めだ

 

それに、皆、よくしゃべる

 

よくこれだけ老人がいたものだ

いや、こんなもんじゃないだろう

 

少し集まっただけで、これだけ

いるんだから、

 

で、元気なご老人たちだから

ここに来ているが、、

 

もう少し年上(笑)の

母たちの年代も

大勢、自宅や施設で介護を受けて・・

 

平日の温泉施設

60代はまだ、小僧っ子だな

 

そこの食事処で

一杯やりながら、

昼食を摂ったが、、

 

妻は、周りを見ながら

目についた、ご老人の事を

イロイロ想像して、

 

アレは嫁とどうだ・・とか

長男と上手くいかなくて

次男の家で・・・

あの爺さんは、

婆さん同志が話ばかりしてるので

ふて腐れて、横むいて座ってる

とか、、

勝手な想像しながら

食ってるわ

 

それにしても、

その想像力は大したものだ

 

 

母がショートに行ってる間の

1日を休みにしてるが、、

もうすぐ、お迎えの日だから

少し、気が重い

 

でも、同時に

早く迎えに行ってやりたい

という気持ちもある

 

何だかんだと言っても

息子の家庭のために

頑張って泊っている

と、思って行ってるんだから

 

温泉で

しっかり充電して、、、

 

のハズだったが

 

妻の言う通り

 

抜かれたような気もする

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村