さて、ささやかに飲むぞ

 

 

また、ミスってしまった

 

母をショートに送って

物凄く、ホッとして

 

天に昇るほど、、、

ではないにしても

母には悪いが

解放感がね、、凄いんだな

 

だから、後は

たまに、ショートからの

電話があるか、ないか

 

横目で気にしながら

過ごすのだがね

 

3時間ほどして、

携帯をみると・・・

 

着信履歴があった

 

( ゚Д゚)

・・・

こんな感じだろうか

 

俺に着信があるのは

こんなことくらいだからね

すぐ何処からか、わかるんだが

 

ショートからだった

 

まあ、よくあることで

薬が足りなかったんだな

 

母は寝る前に

安定剤を飲んでいるが

それを忘れてしまった

 

母は夜、特に問題があるから

安定剤は無くてはならない

 

でも、安定剤飲んでも

夜中に何度かオシッコで

起きるんだけどね

 

それにしても、

エレベーターの中で

母は、

「あの爺ちゃんがいるといいな~」

 

エレベーターの扉が開くと

キョロキョロして、

 

居たわ

 

向こうもこちらを見て

嬉しそうに、

笑ってるし、

 

母は俺に

「おい!居たわ

良かったよ~」

 

だが、困るね

爺さんが途中で帰ると

 

いきなり、

自分も帰らなくちゃ

になることもあったようだし、

 

そんなことで、

職員さん困らせて

電話でも来た日にゃ

俺もヒヤヒヤもんだし

 

夕方、薬を届けた

 

事務所に職員さんが居たので

「会っていきます?」

と訊かれたが

 

 

会うと、いいのか、悪いのか

わからないので

会わずに帰った

 

電話でヒヤっとしたが、

 

薬を届けたあと

 

母を送ったときと同じくらい

 

解放感があった

 

あとは、お迎えの時まで

徐々に

安心感が

砂時計が減っていくように・・・

 

まあ、しばらくは

いいだろう

 

さて、超遅い夕食だが

ビール、、、のあと

今日はハイボール、、

 

のあと、

熟睡、といきたいもんだ

 

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村