お盆は母とベッタリです。嬉しいです。眠れないほど最高に幸せです。


 

 

母を連れに行くと、、

フロアから見える寝室の

お婆さんの横に座って

話をしていた

 

職員さんが

「年寄りは可哀そうだから、

慰めてやってるんだって、、

自分もそのうち歳をとるから

今のうちに年寄りに

優しくしてやるんだって」

と、

苦笑しながら

俺に話した

 

嫌な感じだった・・・

バカにしてるようにも感じた・・・

 

俺は僻みっぽいんだから

言葉に気をつけな、、、

 

というか、

自分の境遇を呪って

拗ねて、

なんでも人の言うことを

悪く取るようになってるだけだが

 

 

何だ、俺が悪いんじゃないか

 

そんな母を車に乗せて、

最初の自動販売機で、

甘酒を買ってやった

「冷たくて、美味しいわ」

と言って、

よろこんでいた

 

で、

「私は何処へ行くだえ?」

・・・

珍しい事じゃねえけど

 

 

夜、兄に電話をした

 

2月に話して以来だが

近くに居ても

母を避け

それ以来、電話の1本もよこさねえ

 

いつでも、この不公平はマズイと思ってる

だが、

気持ちがあるか

気持ちがないか

 

ある方が看るしかない

母にとっても、

気持ちがある方がいいに決まってる

と、思ってる

 

結局、

気持ちのある俺が看るのは自然の成り行きで

仕方ない

 

それでも、

いつでも、義務だけはあると、

思ってもらわないと困るし、

義務を受け入れる人間だと信じたい

いや、きれいごとだな

そんなタマじゃねえ

 

俺自身がダメになる可能性もあるし、

この齢になると、

一瞬、、

「これまでか?」

と思う事が度々ある

 

釘を刺しておいた

 

 

 

それでも、

早く終りにしたい

 

俺の人生があるうちに

まだ、

楽しい、

美味しい、

あれしたい

あそこ行きたい

と、

思えるうちに

 

介護を終りにしたい

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

お盆は母とベッタリです。嬉しいです。眠れないほど最高に幸せです。」への4件のフィードバック

  1. 日々の介護お疲れ様です〜私の兄は年明けから音沙汰なしです。なのでお気持ちよーくわかります。先ほど母が2ヶ月ぶり2泊3日のショートステイから帰宅、簡単に夕食を済ませた所です。珍しく尿意を訴えたので、急いで連れて行きましたところトイレ臭い、尿臭い、母が。立ったままオシッコしますから、トイレで。あとちょっと拭いてほしいなショートでも。贅沢な望みかもですが。最近私自身在宅介護の限界を感じています。つまるところ私次第ということ。何れにしても後悔は付き物。だけど出来るだけ納得した上で❓もうわからんrebiさんは本当にすごいと思います。異性ですから。この頃私はジャザサイズを仕事❗と考え、出来る限り行ってます。身体の疲れが良い眠りに繋がる感じです。帰りのスーパー銭湯、夏はお休みです。そうそう一人息子で親孝行の従兄弟が、母親入院中でホッとしてました。程度の差はありますが、共感出来る今日この頃。ぼちぼちいきましょうね〜ご自愛ください。

    • betty様、コメントありがとうございます。
      日々の介護、お疲れ様です。
      母の尿臭、私は時々、気絶しそうになる事があります。
      私の母はトイレの回数が多いので、紙パンツや尿パットの交換時にどうしても、強烈なものを吸い込んでしまいます(笑)
      在宅介護はホント介護者次第ですよね。
      いろんな要素が重なって限界が来るんでしょうが、、介護側も段々歳をとって、また日々の介護で疲れが蓄積しますから、
      私もあまり母に当たるようになったら(今もそうですが)限界かもしれないです。
      後はやはり、いろんな要素で進んで行くんでしょうね。
      ジャザサイズ、、ストレス解消には最高でしょうね。
      親孝行の従兄弟さん、身近にそういう介護の苦労を共有できる方がいるというのは良いですね。
      今後ともよろしくお願いいたします。

  2. 2回目のコメントです。49歳、介護生活がいつ始まってもおかしくない、キリンです。
    昨日のrebiさんのブログ「今の、誰??」「知らねえ、、」のところで、ひとりで声をあげて笑ってしまいました。だけどそのあと涙が止まりませんでした…
    ご苦労が絶えませんね。お母さまは、rebiさんのような息子さんがおられて、ほんとお幸せですね。体調を崩されませんよう、お祈り申し上げます。

    • キリン様、コメントありがとうございます。
      認知症というのは大変な介護になりますが、思わず笑いになってしまう様な事が沢山あります。
      それだけで終わらないのが残念ですけど(笑)
      私自身の健康が確かに心配になりますが、笑えるところは笑って、少しでも明るく乗り越えたいと思います。
      キリンさんご夫婦も大変な病気を克服されたようですので、お身体に気をつけて厳しい夏を乗り切ってくださいね。
      今後とも、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です