つらい1日だったよ


 

この10年で3人の親を介護して

見送ってきた、妻の友人夫婦

 

もちろんベタベタした

関係ではなかったが、

 

一昨日の夜

旦那から電話で

奥さんが亡くなったと・・・

 

介護のことは

施設のこととか

認知症のこととか

訊けば、しっかり教えてくれた

本までくれたし、、世話になった

 

ガンだったようだが、

先月も2度ほど会っている、、

まだ60代半ばを過ぎたくらいだろうか

はかないものだ

 

親の認知症介護を嫌というほどして、

見送って、、

これからまだ、10年くらいは

健康寿命で楽しく生きられるはずなのに

かわいそうだ

 

早速、昨日会いに行ったが

旦那はみてられねえな

わかっていたとはいえ、

現実にいなくなると、

 

それに、俺の妻の気落ちも

かなりのもんで

「なんで?まだ、若いのに」

「なんで?散々介護して、終わって、

これからなのに!」

「まだ、若いのに~」

と、何度も何度も

 

気持ちはよくわかる

その癌があまり良くないものだと

知っていても

あれがいいんじゃないか

これはどうか?とか

一生懸命、看病していたのは知っているし

妻も辛かっただろう

 

俺だって、そうだ

旦那に泣かれたときは

俺もあぶなかったし

とても残念だ

 

これから良い友達夫婦で

介護が終わったら

老後を楽しく、共有できたかもしれない

 

妻は

「こんなに若いのに、なんで~?」

を、連発した昨日だった

「まだ若いのに~

どうして?

まだ、若いのに~~」

 

俺は、それを訊くたび

 

・・・

 

母の顔を思い浮かべたよ

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

つらい1日だったよ」への2件のフィードバック

  1. おはようございます。お友達の死、悲しすぎて言葉を失います。私の親友は昨年末、母が入院した日に亡くなり、何故、なぜ、ナゼ❓の日々でした。10年も前に乳がんの手術をして元気だったのに、2年前からガンが骨に転移してました。驚いたことに、彼女が亡くなっってから私は急に声が出なくなり、同時に肩が痛くて上がらない。もうびっくりです。頭では理解できても身体は正直、初めて母を施設にお願いしようと思いました。紆余曲折ありましたがあの時は思いとどまりまり、発想の転換をすることにしました。親友の母上を叱咤激励しながら、寿命には逆らえないのだと思い知り、それまで私は母を見送ってからあれもしたい、これもしたいと考えていましたが、順番じゃない可能性がある。明日は来ない可能性もあるのだと悟りました。長くなりすみません。今は親友に恥じない生き方をする、介護させていただき感謝する、今ここで楽しめることをする❗をモットーに、アガいたりモガイたりしながら過ごしています。お互い様ですが、やり過ぎずやりなさ過ぎず❗でいきましょうね。

    • betty様、コメントありがとうございます。
      毎日の介護、ご苦労様です。
      ご友人の早すぎる死、順番通りとは限らないとはいえ、哀しい出来事ですね。
      皆さん、いろんなことがあるんだなあ、、と、考えさせられます。
      確かに、私自身このところの体調不良を考えると、母より先に・・などと、考えることもあります。
      先の事など考えられませんが、仰るように今を、程よく、、やる事やって、、でいくことなんですね。
      コメントありがとうございました。
      今後とも、よろしくお願いいたします。

rebi にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です