寝る


 

 

昨夜、母は8時頃には寝た

だから、10時か11時頃には

トイレに起きて来るだろう、

 

そうすれば、俺も起きなきゃいけないから

と、寝ずにいたが、

 

ん?

どうした?

 

まだ起きないか?

俺もウトウトしながら、

寝られず、

 

結局、母は

午前1時までトイレに起きなかった

 

だったら、寝ときゃあ、良かったよ

 

で、それから

ちょこちょこトイレ起きてくるから

 

今日は朝から眠くて

 

朝食を食べさせて、

洗濯をして、

9時過ぎには母を残して、

自宅に向かった

 

日中、所用を済ませながら

3度ほど電話したが、

少しずつ、っぽくなってきて

 

夕方の電話では、

「誰も来ないし…

電話もないし・・・(俺のは入ってないらしい)

一人ぼっちだわ・・・

泊まるところは、いやがらせされたって、

大勢の中だったし、、

やっぱ、大勢の中の方が

気が紛れて、いいわ・・・

あ~あ!

孤独だよ~(俺は入ってないらしい)

あ~あ!!」

と、

俺は、人数に入らないらしく

いくら一緒に居ても

ダメらしいわ

 

ちょっと、拗ねたくなるわ

 

先週の日曜日は友人が二人来たし、

日中、自宅に居るのは

日曜日と隔週土曜日、位で、

後はスケジュール一杯なのに、

 

この母の孤独感はなんだ?

 

確かに考えてみれば

自分で決めて、

自分で動いて、

自分でお金払って、

そんなことはもう出来ない

 

自分で出来る事はどんどん無くなってるな

これから、もっと出来なくなる

希望もないな

 

・・・

やっぱ、かわいそうだな

 

俺も眠くて

かわいそうだから

寝るわ

 

 

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

寝る」への4件のフィードバック

  1. 母も色々できなくなってきました。
    父も同じく生きる力が弱ってきました。
    二人を見るのは大変です。
    施設に入れようにもどうしようもありません。
    昨夜は親父が腫瘍熱でした。
    今朝から病院で点滴でした。
    一旦帰宅しました。
    午後から二人のペインクリニックです。
    疲れました。
    早晩同居です。

    • のあ様、コメントありがとうございます。
      お二人の介護とは、激務ですね。
      かなりお疲れの様子、ご自分のお身体も充分お気を付けくださいね。
      コメントありがとうございました。

  2. 孤独の闇は、介護する側も、される側も、立場は違えど共に抱えている問題かもしれないですね。お母さまの言葉から感じました。
    社会から取り残されていく感覚、閉塞感、喪失感、、、
    他人との関係性が保てなくなっていく状況は、とても寂しいものですよね。(身内の人間はまた別ものですから、数にカウントされないのも仕方ないでしょう、私自身少し前までそんな気分でしたから苦笑)
    アルツハイマーは本人に病気の自覚はないというけれど、
    この前まで出来ていたことが出来なくなる、分かっていたことが分からなくなる感覚というのは、漠然と残るものなのか、それともそこも消えてしまうのか、
    実際自分がなってみないと分からないことばかりで、、。
    もし、喪失感のようなものを感じていたとしたら、もっと義母に優しい気持ちや言葉や態度で支えてあげないと、とも思います。あ、でも無理ですよ、実際は白い嫁と黒い嫁を行ったり来たりですから(笑)
    何しろ自分は正しく周りがおかしいと言い張るタイプ、都合のよいように解釈し、口も達者なので上手に言い訳をしながら自分のしたいことだけをやってきた義母。(くわえて美貌?の持ち主。笑顔は宝塚級。美貌と笑顔と押しの強さで生き抜いてきたような人です)
    義母のところから内緒で回収してきた指輪やアクセサリーの類を、一人で家にいるときに身に付けては、こっそり気分を盛り上げてます。
    でも結局ボケちゃったから、どれが本物でどれがイミテーションの偽物なのか、聞く機会も永遠に逃してしまいました。
    ボケる前に嫁にくれればよかったのにね。いずれは全部あなたにあげるからって、あんなに昔から言ってたのに~最後まで放さなかった(笑)

    • なつなつ様、コメントありがとうございます。
      喪失感・・・あるんでしょうね、、母を見ていると感じます。
      特に、仕事も趣味も、、活発に生き抜いて来た方ほど、喪失感は大きいんでしょうね。
      お義母様の介護お疲れ様です。
      アクセサリーで気分盛り上げつつ、介護頑張ってください。(笑)
      今後ともよろしくお願いいたします。

rebi にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です