タイプの爺さんがいたか?


 

 

母宅で部屋を暖めた後、

迎えに行ったが、

いつもと同じ席に居た、母に声をかけようとしたが、、

 

隣に、爺さんがいて何か話していた、、

母はとても堅いタイプの女ではあるが、

正直でもある

真面目な爺さんが好みなのは、

デイサービスでも、

何となく、話の中身でわかった

 

迎えに行って

嬉しそうだったが、

 

嫌々でも1週間も居れば

何となく気の合う婆さんや爺さんと

馴染みになっているようだった

 

その爺さんや、婆さんに、

「帰っちゃう??

淋しいよ~」

などと言われていた

 

荷物の確認をしたが、、

あれ、違うズボンを穿いてる

午前中にお風呂に入った時にでも

間違えたか?

お漏らしでもして、、

施設のズボンを借りたか??

担当の職員も分からず、、

 

とにかく脱がせて、

荷物の中のズボンを穿かせた

わりと大きい施設なので、

職員も、一人がずっと担当してるわけでもなく

何か、引き継ぎがいい加減なのは

仕方ないか

とにかく、前も感じたけど、

薬剤師や看護師、それに職員さんに

何人に、同じことを言ったことか、、、

 

個人個人はいい感じで、

今日も車まで送ってくれたり、

退所の前に紙パンツを確認してくれたり

有難かった

 

それにしても、

食事がマズイらしい、、

これは、もう一つの小さな施設もそうらしい

とにかく、マズイようだ

 

デイサービスでは、

とても美味しくて満足しているようだが、

そんなに違うか??

 

で、明日から

2泊でその小さい方の施設に行くことを

何となく、伝えたが、

「おー

そこなら、余裕だよ、、

なんでもね~よ

あそこなら、、」

・・・

ホッとした、、

 

とにかく、1週間

マズイものを食べ続けて

我慢していたというので、

 

帰りに、母の好きな店の

寿司を買って、

家に着いた

 

久しぶりにビールも飲ませて、

やっとさっき

疲れたようで、

眠ってくれた

 

しかし、ビールを飲みながら

話すことは、

施設にいた、爺さんのことばかりで・・・

それも、何回も話すが、、

少しずつ、話が変化する

その都度、少しだけ作って

足してるような、

話だ

 

 

明日は9時過ぎに家を出て

小さい施設へ行くが、

そこも、食事が物凄くマズイと

言っていたが、、

 

そう言えば、

今日、午前中

その施設から俺の携帯に

「今日、おいでになる日なのですが?

どうされましたか?」

だと?

「今まだ別の施設にいます」

と答えたが、

ケアマネさんから連絡が行ってないのだろうか

 

まあ、

少しゴタゴタしたからな、

とにかく、

明日からまた2泊

俺が休める

 

 

でも、こうやって

不満を言いながら、、

面会にいくと、泣いたとしても、

少しずつ、慣れていってくれれば、

ほんとうに

有難い

 

だけど、準備は

もう、いやだ

めんどう

さて、早いけど

寝る

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

タイプの爺さんがいたか?」への2件のフィードバック

  1. おはようございます。
    そうですよ、慣れですよ(笑)
    でもよかったですね。お母さまのお気に入りの施設で毎回お泊りができたらいいですね。
    介護者がゆっくり体も心も休められると、自宅介護にも気持ちの余裕ができ、笑顔で接してあげられますもん(^^)/
    引き続き応援しています。

    • まあちゃん様、コメントありがとうございます。
      先日、アドバイス頂いた通りの展開です。(笑)
      ありがとうございます。
      いろいろ不満があっても、慣れれば、良いところも見えてきたりするんですね。
      今後ともよろしくお願いいたします。

rebi にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です