アンタの息子はいったい幾つだよ!


 

母の面会をしたとき、

母が、散々不満を言った後、

 

「ここにはねえ、

お前にそっくりの人が、

苦しそうに寝ていてね・・・

心配でしょうがないんだよぅ

見るたびに、

お前かと思って、

びっくりしてるだよ

うりふた・・・」

 

見るたびって、、

ビックリって、、、

次に見るまでに、

前に見たこと、忘れてるのか?

 

いくら認知症でも、

忘れすぎじゃねえか?

と、思いながら、

 

、、、すると

 

「・・・うりふた・・・

ほれ!

そこに寝てるだよぅ」

 

(-_-)zzz ・・・

廊下のベッドに

(何で廊下かは、俺にはわからない)

確かに、人が寝てるよ・・・

 

痩せ細った、今にも・・・

・・・っていうような、

100歳に見える様な、ご老人が、

寝た切りのご老人がね、

チューブも付いてたように見えたよ

 

苦しそうに、、

口あけて、、

寝てるだよ

(入れ歯も入ってねえよ・・)

 

それでね、

そのご老人がね

俺に、

そっくりなんだってよ

うりふたつ

 

いってえ、

アンタのおかげで、

俺は、

どんだけ

老けたんだよ

え?

 

どう見たって、あの爺さん

あんたより年上だぞ

 

参ったわ

ほんと

 

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村

アンタの息子はいったい幾つだよ!」への2件のフィードバック

    • 弥生様、コメントありがとうございます。
      私も数年前は、この状況を予想していませんでした。
      今は自分が、「介護鬱」にならないか心配です。(笑)
      コメントありがとうございました。

弥生 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です